スバル 新型「レヴォーグ」プロトタイプ公開 日本発売は2020年後半

スバル 新型レヴォーグ プロトタイプ

スバルは第46回東京モーターショー2019において、新型「レヴォーグ」プロトタイプを世界初公開した。

新型レヴォーグはスバルの最先端の技術を結集、自動運転化が進むモビリティ社会において、「誰もが自分の意志で、運転をどこまでも愉しめる未来」を愚見化するパフォーマンスワゴンとしている。

新型レヴォーグ プロトタイプの市販モデルは、2020年後半に日本市場で発売を予定している。

新型レヴォーグ プロトタイプの主な特長

デザイン

スバル 新型レヴォーグ プロトタイプ

スバルのデザインフィロソフィーである「Dynamic × Solid」を深化、各モデルが持つ価値をより大胆に際立たせる新デザインコンセプト「BOLDER」を採用している。

スバル 新型レヴォーグ プロトタイプ

新開発の新世代アイサイト

広角化した新開発ステレオカメラと前後あわせて4つのレーダーによる360 ゚センシングによって、見通しの悪い交差点での出合い頭や右左折時まで、プリクラッシュブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)の作動範囲を拡大。

新開発の高精度マップ&ロケーター

GPSと準天頂衛星「みちびき」を介してロケーターが自車位置を正確に特定し、高精度マップで高速道路形状をクルマが把握することで、カーブ前減速や渋滞時のハンズオフ走行支援を実現。

コネクティッドサービス(SUBARU国内初採用)

万が一の衝突事故時にクルマから自動で緊急通報を発信。オペレーターにより消防や警察に救援を要請するとともに協力病院とも連携することで、迅速な救命活動につなげる先進の救急自動通報システムを採用。また、ドライバーが体調不良に陥るなどの緊急時には、ボタンひとつでオペレーターにつながるSOSコール機能も搭載する。

1.8L 水平対向直噴ターボエンジン(新開発)

第4世代となる新開発のBOXERターボエンジンにリーン(希薄)燃焼技術を採用し、加速性能と環境性能を高次元で両立。豊かなトルクによるストレスのない質感高い走りを実現する。

SUBARU GLOBAL PLATFORM×フルインナーフレーム構造

2016年発表の第5世代インプレッサから採用しているSUBARU GLOBAL PLATFORM(SGP)に、高剛性化に寄与する「フルインナーフレーム構造」を採用することで、SGPの大幅な進化を実現。

レヴォーグの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

レヴォーグ
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず