マツダ CX-8商品改良 特別仕様車「Exclusive Mode」を追加など

マツダ CX-8 「XD L Package」

マツダは、3列シートクロスオーバーSUV「MAZDA CX-8」を商品改良し、2019年10月23日より受注を開始。発売は11月28日からとなる。

電動スライドガラスサンルーフや3列目シートの充電用USB端子などの装備を追加したほか、塗布型制振材の採用により雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減。特別仕様車として「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」を追加した。

パワートレインでは、すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDのどちらの駆動方式も選択可能となった。

「MAZDA CX-8」の主な改良点

マツダ CX-8 「XD L Package」

3列シート車としての進化

  • L Packageの2列目ベンチシートにワンタッチウォークインスイッチを追加

マツダ CX-8 「Exclusive Mode」

  • L Packageにナッパレザー素材を採用したウォークスルータイプのキャプテンシートを追加
  • XD PROACTIVE S Packageにブラックのレザーシートを採用
  • 25S PROACTIVE、XD PROACTIVE、XD PROACTIVE S Packageにセカンドシート シートヒーター(左右席)を採用
  • ウォークスルータイプのキャプテンシート車(25Sを除く)に、2列目用カップホルダー&充電用USB端子を採用
  • 一部グレードの3列目シートに充電用USB端子を採用

マツダ CX-8 「XD L Package」

オフロード・トラクション・アシスト

新開発「オフロード・トラクション・アシスト」をAWD車に採用。悪路における想定外のスタック時にも、AWDとトラクション・コントロール・システム(TCS)の協調によって接地輪への駆動力伝達を最大化。悪路からのスムーズな脱出を実現する。

パワートレイン

SKYACTIV-G 2.5モデルにAWDを、SKYACTIV-G 2.5Tモデルに2WDを追加設定。すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDが選択可能となった。

快適性・静粛性の向上

  • WVGAセンターディスプレイのサイズを大型化(7インチ→8インチ)
  • ルーフ部に塗布型制振材を採用し、雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減
  • 開閉及びチルトアップできる電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付)を一部グレードに設定
  • サブトランクボックスの奥行きを拡大(ボーズサウンドシステム非装着車は84L(前モデル比+19L)、ボーズサウンドシステム装着車は56L(前モデル比+8L))

特別仕様車「Exclusive Mode」の専用装備

  • シートの前後スライドと背もたれの角度を調整できる2列目シートの電動スライド&リクライニング機構
  • シートと体の間の空気を吸い出して、蒸れや熱のこもりを解消する2列目シートのベンチレーション機能
  • スイッチ操作で2列目シートバックが倒れ、シートが前方にスライドする電動ウォークイン機能
  • 2列目シートのアームレスト付コンソール

新グレード「XD PROACTIVE S Package」の主な装備

マツダ CX-8 「XD PROACTIVE S Package」

  • ブラックのレザーシート(6人乗り/7人乗り)
  • 運転席及び助手席のシートヒーター&シートベンチレーション
  • 自動防眩ルームミラー(フレームレス)
  • 7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)

CX-8のグレード別 新車価格

グレード エンジン 2WD(円) 4WD(円)
25S 2.5Lガソリン 2,948,000 3,184,500
25S PROACTIVE 3,406,700 3,643,200
25S L Package 3,968,800 4,205,300
25T L Package 2.5Lガソリンターボ 4,352,700 4,589,200
25T Exclusive Mode
(特別仕様車)
4,572,700 4,809,200
XD PROACTIVE 2.2Lディーゼルターボ 3,828,000 4,064,500
XD PROACTIVE S Package 3,999,600 4,236,100
XD L Package 4,434,100 4,670,600
XD Exclusive Mode
(特別仕様車)
4,654,100 4,890,600

CX-8の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

CX-8
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず