アウディ200 (初代 1979-1983):2代目アウディ100の上級モデルとしてデビュー [C2]

アウディ200 1979

アウディ200 1979

1979年、アウディNSUアウトウニオンAGは、同社のフラッグシップモデルであった「アウディ・100」(2代目C2系)をベースにしたプレミアムモデル「アウディ・200」をリリースしました。プラットフォームやボディなど基本コンポーネンツを100と共有しながも、より上質な内外装が与えられた他、同社初のターボエンジンが設定された事が特徴でした。

強化サスペンションを採用

ボディタイプは、100と異なり2ドアセダンや5ドアハッチバックは設定されず、プレミアムモデルに相応しい4ドアセダンのみがラインナップされました。スタイリングは基本的に100と共通であったものの、角型4灯式のヘッドランプ(100は角型2灯式)やチンスポイラー、1インチアップの15インチホイール&タイヤなどの採用により、差別化が図られていました。

アウディ200 1979

アウディ200 1979

ボディサイズは全長4,694mm×全幅1,768mm×全高1,389mmで、100と実質的に同等、ホイールベースも同一の2,677mmでした。サスペンションは、形式こそ100と同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:トレーリングアーム式ながら、高められた動力性能と扁平率60タイヤの装着を前提に強化が図られていました。

ターボ車は最高速度200キロオーバーの性能

駆動方式は縦置きFF方式が踏襲され、エンジンは2.1L直5SOHC電子燃料噴射NA仕様(最高出力136ps/最大トルク18.9kgm)及び同ターボ仕様(最高出力170ps/最大トルク27kgm)のガソリン2種類が用意されました。トランスミッションはNAエンジンには4速MTが、ターボエンジンには5速MTが組み合わせられた他、3速トルコン式ATも用意されました。

アウディ200 1979

アウディ200 1979

ターボ・MT仕様車は最高速度202km/hの動力性能を発揮し、同社として初めて200km/hの大台に乗ったモデルとなりました。その他の機構面では、ステアリング形式は100同様パワーアシスト付のラック&ピニオン式を踏襲する一方、ブレーキはターボエンジン搭載車に同社初の4輪ディスク式が採用されました。

アウディ200 1979

アウディ200 1979

一方インテリアは、100と異なる専用デザインのステアリングホイールやシートなどが装着されました。そして1982年に、ベースモデルの100がフルモデルチェンジを受け3代目C3系に移行した為、翌1983年に200も2代目C3系に切り替えらえました。日本市場における初代200は、1981年からヤナセの手によりターボエンジン+AT仕様グレード「5T」の導入が開始されました。

アウディ200 1979

アウディ200 1979

但し厳しい日本の排出ガス規制に対応した為、アウトプットは最高出力135ps/最大トルク20.6kgmへと大きくドロップし、最高速度も180km/hに留まりました。そして1982年モデルから、ヘッドランプがハロゲン化されました。

セダンを購入検討中なら、こちらもチェック!

クラウン値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
クラウンの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ クラウンの新車購入...
新型スカイライン 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
スカイラインの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど日産 新型スカイラ...
カムリ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
カムリの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ カムリの新車購入...
新型カローラ 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
カローラ(セダン)の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型...
マツダ3値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価|新型MAZDA3購入ガイド
マツダ3 (MAZDA3)の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどマツ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

A8シリーズ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ