スバル R2 (2003-2010):居住性よりもスタイリングを優先した軽ハッチバック [RC1/2]

富士重工業は2003年12月、1969年に発売した「スパル・R-2」を彷彿とさせる「スバル・R2」の車名を持つ新型軽ハッチバック車をリリースしました。基本メカニズムを同社の軽セミトールワゴン車「プレオ」と共有しながら、それとは異なりパッケージングよりもデザイン優先のコンセプトにより設計されたモデルでした。

ワンモーションフォルムを採用

ボディタイプは5ドアのみの設定で、スタイリングはボクシーなプレオとは対照的に、ワンモーション風の流麗なフォルムを備えていました。ボディサイズは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,520~1,525mmで、プレオよりも全高が若干低く、ホイールベースはそれより50mm長い2,360mmに設定されていました。又、車両重量は初期型で770~870kgでした。

サスペンション形式はプレオ同様の4輪ストラット式独立懸架で、駆動方式も同様にFFとビスカス式のフルタイム4WDが設定されました。エンジンはプレオ譲りの660cc直4のEN07型で、SOHC NA仕様(最高出力46ps/最大トルク5.9kgm)、DOHC NA仕様(最高出力54ps/最大トルク6.4kgm)、DOHCメカニカルスーパーチャージャー仕様(最高出力64ps/最大トルク10.5kgm)が用意されました。

トランスミッションは、NAエンジン車には5速MT又はCVTが、メカニカルスーパーチャージャーエンジン車には7速マニュアルモード付のスポーツシフトi-CVTが組み合わせられました。ブレーキは全車フロント:ベンチレーテッドディスク式/リア:ドラム式で、安全装備としてSRSデュアルエアバッグシステムが全車に採用されました。

グレードを拡充

発売時のグレード体系は、SOHC NAエンジン搭載の「i」、DOHC NAエンジン搭載の「R」、DOHCメカニカルスーパーチャージャーエンジン搭載の「S」の3タイプがラインナップされました。そして2004年11月の一部改良でフェイスリフトや後席ヘッドルームの拡大が行われると共に、最廉価グレードとなる「iカジュアル」が追加されました。

次いで2005年11月に実施された一部改良では、エクステリアデザインの変更や仕様・装備の充実化、NAエンジンの環境性能改善などが実施されました。同時に、カニカルスーパーチャージャーエンジン搭載グレードが「タイプSR」「タイプSS」の2タイプとなりました。続いて2006年11月実施の一部改良では、CVTの改良により燃費・環境性能が向上しました。

同時に、メカニカルスーパーチャージャー仕様エンジンがレギュラーガソリン仕様に変更され、最大トルクが9.5kgmとなった他、iカジュアルが廃止されました。次いで2007年6月に実施された一部改良の際にグレード体系が見直され、iに代わり「F」「Fプラス」「レフィ」が設定されると共に、メカニカルスーパーチャージャー仕様エンジン搭載車が再びタイプSに一本化されました。

続いて2008年6月の一部改良で、運転席シートベルト未装着ウォーニングブザーが装備されました。そして2010年3月、軽自動車の自社開発からの撤退方針に従い、生産終了となりました。

軽自動車を購入検討中なら、こちらもチェック!

N-BOX/カスタム 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
(2020年7月2日更新) ホンダ 新型N-BOX/カスタムの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型N-BOX...
タント値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
(2020年7月2日更新) ダイハツ 新型タント/カスタムの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型タント/カス...
新型スペーシア 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
スズキ 新型スペーシアの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型スペーシアの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種...
ハスラー値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
スズキ ハスラーの新車購入に必要な情報を完全ガイド。ハスラーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ハスラーの...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スバルその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず