アウディ RS Q3 (2013-):Qシリーズ初の高性能バージョンとして登場

アウディAGは2012年に開催された北京モーターショーにおいて、Cセグメントの小型クロスオーバーSUV「Q3」をベースとするスタディモデル「RS Q3コンセプト」を発表、翌2013年に市販バージョンの「RS Q3」が発売されました。同社のクロスオーバーSUV「Q」シリーズ初の高性能バージョンで、開発は他のRSシリーズ同様アウディ100%出資子会社「クワトロGmbH」により手掛けられました。

2.5L直5ターボエンジンを搭載

5ドアボディのフォルムは基本的にQ3と共通であったものの、専用のフロントグリルやエアインテーク、リアバンパーやリアスポイラーなどにより差別化が図られました。ボディ・ディメンションは全長4,410mm×全幅1,841mm×全高1,580mm、ホイールベース2,603mmで、Q3から全長が25mm、全幅が10mm拡大された一方、全高は28mm低められました。

駆動方式はFFも用意されるQ3と異なり、フルタイム4WD「クワトロ・システム」のみの設定でした。エンジンは、Q3の1.4L/2L直4ガソリンターボまたは2L直4ディーゼルターボに代わり、2.5L直5ガソリン・インタークーラーターボ(最高出力310ps/5,200-6,700rpm・最大トルク42.8kgm/1,500-5,200rpm)が搭載されました。

トランスミッションは7速DCT「Sトロニック」が組み合わせられ、最高速度250km/h・0-100km/h加速5.2sのパフォーマンスを発揮しました。足回りは、フロント:マクファーソンストラット式/リア:4リンク式による専用スポーツサスペンションと、前後とも255/35R20というハイトの低いタイヤが装着されました。

また、フロントがベンチレーテッド型、リアがソリッド型となる4輪ディスク・ブレーキも、RS Q3専用品が採用されました。インテリア面では、専用デザインのインパネやフラットボトム仕様のステアリングホイール、専用スポーツシートなどが採用されました。また、快適装備としてBOSEサラウンドサウンドシステムなどが標準装備されました。

M/Cで性能が向上

安全装備面では、車線変更をアシストする「アウディサイドアシスト」とステアリング操作に介入して車線維持をアシストする「アクティブレーンアシスト」、そしてクルーズコントロールから構成される「アシスタンスパッケージ」がオプション設定されました。その後2015年にマイナーチェンジが実施され、フロントマスクの意匠が一新されました。

同時に、2.5Lターボエンジンのアウトプットが最高出力310ps/5,200-6,700rpm・最大トルク42.8kgm/1,500-5,200rpmに向上、それに伴い0-100km/h加速タイムが4.8sに短縮されたほか、燃費性能も向上しました。次いで2016年、専用のエアロパーツが備わるボディに、2.5Lターボエンジンのアウトプットを最高出力367ps/5,550-6,800rpm・最大トルク47.4kgm/1,625-5,550rpmまで高めて搭載する「パフォーマンス」が追加されました。

そのパフォーマンスは、最高速度270km/h・0-100km/h加速4.4sを誇りました。RS Q3は、日本市場には2014年3月に初上陸を果たし、2015年5月にマイナーチェンジ版への切り替えが行われたのち、2016年8月にパフォーマンスが追加されました。

SUVを購入検討中なら、こちらもチェック!

ハリアー 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ハリアーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点など購入前に気になる情報だけでなく、実燃費、リセール...
RAV4 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
RAV4の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ RAV4の新車...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ライズの新車...
ヤリスクロス値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
ヤリスクロスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ヤリス...
ジムニー/シエラ 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ジムニー/シエラの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ 新型ジ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

Q3シリーズ
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ