レクサスCT200 (2011)の口コミ評価:新車購入インプレッション

4年前にトヨタのハリアーからレクサスCT200hに買い替えをしました。ハリアーについては最初の車検の際の買い替えになります。そもそもトヨタのハリアーに大きな不満があったわけでもありません。むしろ、広い後部座席に子供たちは満足していましたし、車高が高くて運転がしやすく、見晴らしがいい点は家内も気に入ってくれていました。

毎月1,500キロのガソリン代が重たい

もちろん、ハリアー購入の進言、決定した私は外観、内装、そして趣味のゴルフに行く際の収納のしやすさなどすべてにおいて満足していました。しかし、我が家はわたしのゴルフ、家内のテニスとお出かけ、子供のクラシックバレエの送り迎えなどで毎月1,500キロをコンスタントに走行する状況でした。となると、とにかくガソリン代がかさむわけです。

当時はガソリン代が180円以上/1リットルの状況だったのでリッター8キロしか走行できない状況はかなり財布にそして家計に厳しいと言わざるを得ない状況でした。そんなときにレクサスのCT200hが発表されたわけです。まず、あの憧れのレクサスが400万円以内で手に入ることに驚きました。そして、サイズは小さくなりますがあの正面からのマスクと内装にも驚きです。

そしてなんといっても当時のハイブリッドカーとして最高峰の燃費という触れ込みが一番我が家には効き目があったのです。すぐに近所のレクサスのショールームに試乗の予約をしました。私も家内もあまりメカには詳しくないのですが、ハイブリッドカーの静かなところ、加速が意外に良い事、そしてブレーキが利きにくいとよくいわれますが、それは気にならないことも確認できたので、すぐに買い替えようかという話になりました。

レクサスでの値引きは見込めないので

問題は値段です。ハリアーを下取りに出していくらの追い金になるのか、すぐにレクサスのショールームの担当者に見積もってもらいました。もちろん、レクサスでは値引き交渉はありえないことも知っていましたのでハリアーの下取り価格だけがポイントでした。思った以上にハリアーの下取り価格が高く算出されたこともあってすぐにレクサスの購入を決めました。

まさか、こんなに早く愛車の買い替えを行うとは思ってもみませんでしたが、あれ以来4年。初期投資は掛かりましたが、新車以来コンスタントにリッター20キロ以上の燃費を記録しているのでかなり投資した価値はあると考えています。もちろん、レクサスユーザーであるという事も非常に我が家にとってはポイントが高いところです。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

レクサスCT
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ