フォード RS200 (1984-1986):ラリー競技参戦のために誕生したホモロゲーションモデル

フォード RS200

フォード・モーター(フォード・ヨーロッパ)は1984年、世界ラリー選手権(WRC)に参戦するためのグループBホモロゲーションモデル、「RS200」をリリースしました。専用設計の車体や世界初のミッドシップレイアウト+フルタイム4WD方式を採用した意欲作だったものの、実戦ではフォードが期待したような結果は残せませんでした。

アルミハニカムモノコック構造のシャシー

フォード RS200

ボディタイプは2ドア・2シーター仕様のクーペで、ボディ構造はアルミハニカムモノコック構造のシャシーとFRP製ボディシェルの組み合わせでした。スタイリングは丸型2灯式ヘッドランプおよび補助ランプが備わる丸みを帯びたフロントマスクや、跳ね上がったリアカウルが特徴でした。また、空力特性の指標となるCd値は0.4でした。

フォード RS200

ボディ・ディメンションは全長3,998mm×全幅1,763mm×全高1,321mm、ホイールベース2,530mmで、車両重量は1,180kgでした。ミッドシップマウントされるエンジンは、オールアルミ製1,804cc直4DOHC電子燃料噴射+ギャレットT4ターボタージド仕様の「コスワースBDT」で、ロードバージョン標準仕様は最高出力250ps/8,500rpm・最大トルク19.8kgm/4,500rpmのアウトプットを発生しました。

フォード RS200

さらにオプションのアップグレードキットを装着した場合、最高出力は300psに達しました。また、コンペティション仕様はさらなるチューンナップが図られ、最高出力が350~450psまで高められていました。組み合わせられるトランスミッションはZF製5速MTで、動力性能はロードバージョン標準仕様の場合で最高速度229km/h・0-60mph加速5sでした。

また、駆動システムはシフトレバーの操作により、FRモード、前後トルク配分37:63のフルタイム4WDモード、センターデフロックによる前後トルク配分50:50のフルタイム4WDモードの3つのモードを選択する事が出来ました。サスペンション形式は、ツインダンパー/ツインコイルの4輪ダブルウィッシュボーン式が採用されました。

フォード RS200

ステアリング形式はロック・トゥ・ロック2.3回転のラック&ピニオン式で、ブレーキは285mmのディスク径を持つ4輪ベンチレーテッド・ディスク式が採用されました。ホイール&タイヤは、前後とも8J×16インチホイール+ピレッリ225/50VR16タイヤが装着されました。また、インテリアは水平基調のインパネと、赤いリムを持つ3本スポーク式ステアリングホイールを備えていました。

フォード RS200のインプレッション

フォード RS200のラリー走行シーン

WRCへの参戦

フォード RS200 Group B ラリーカー

WRCへの参戦に関しては、生産の遅れから1985年シーズンには間に合わず、初参戦はWRCグループB最後のシーズンとなった1986年にずれ込みました。順位は3位が最高で、事故やトラブルの多発などにより総じて結果は振るいませんでした。なお、総生産台数は200台でした。

スポーツカーを購入検討中なら、こちらもチェック!

GRスープラ値引き2021年4月-納期/実燃費/価格の評価
GRスープラの値引き/納期/実燃費レポート (2021年4月7日更新) トヨタのスポーツブランドGRから20...
マツダ ロードスター/RF 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ロードスター/ロードスターRFの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど...
ホンダS660 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
S660の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ S660の新車...
コペン値引き2021年4月-納期/実燃費/価格の評価
ダイハツ コペン セロ/ローブ/XPLAYの値引き/納期/実燃費レポート (2021年4月7日更新) 200...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

フォード時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ