ホンダ S660にModulo Xが追加

ホンダ S660 Modulo X 2018

ホンダから発売されている専用のカスタマイズパーツを量産過程で装着、販売するコンプリートカーブランド「Modulo X(モデューロ エックス)」シリーズとして、「S660(エスロクロクマル)」をベースに、走行性能とデザインがリファインされたコンプリートモデル「S660 Modulo X」が2018年7月6日(金)に発売されます。

また、ベースモデルのS660に新色ボディーカラーの「フレンチブルー・パール」と「ブリティッシュグリーン・パール」、「ナイトホークブラック・パール」の3色が追加されるとともに、S660専用「Gathers(ギャザズ)スカイサウンド インターナビ」が装着可能な「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を設定。こちらは2018年5月25日(金)に発売となります。

S660 Modulo Xの主な特長

ホンダ S660 Modulo X 2018

「匠の技」を注いで完成させる

Modulo Xは、Honda車を知り尽くした熟練のエンジニアが、ベース車両の走行性能、質感、デザインに「匠の技」を注いで完成させるコンプリートカーブランドです。

S660 Modulo Xの開発では、「真のスポーツドライビングの喜び」をコンセプトに、存在感のあるデザインとともに、アルミホイールやサスペンション、空力パーツなど数々の専用装備により、意のままに操れる操縦性と、上質かつしなやかな乗り味が追求されています。

圧倒的な存在感を放ち、所有する満足を高めたスポーティーな専用デザイン

Modulo Xならではの空力デザインに基づいた、グリル一体型専用フロントバンパーによる精悍なフロントデザインを採用。インテリアはレザーシートをはじめ、全体をボルドーレッドによりコーディネート。ドライバーが見て触れて感じられる上質さが追求されています。

さまざまなタイプの道で運転を楽しむことを目指して開発されたこだわりの走り

グリル一体型専用フロントバンパーは、正面から入る風を狙った位置に導くエアガイドフィンの採用など、操縦安定性を高めるため、空力性能を徹底的に追求。また、専用フロントバンパーの空力特性に合わせて理想のバランスを実現するため、リアアクティブスポイラーにガーニーフラップを新採用。

さらに、幅広い走行シーンで高い接地性を発揮する専用サスペンション(5段階減衰力調整機構付)で、市街地など乗用域でのしなやかな乗り心地と、限界域でのコントロール性の両立を実現しています。

S660 Modulo X主要装備

エクステリア

ホンダ S660 Modulo X 2018

・グリル一体型専用フロントバンパー
・専用LEDフォグライト
・専用カラードドアミラー(ブラック)
・ロールトップ(ボルドーレッド)
・専用アクティブスポイラー(ガーニーフラップ付)
・リアロアバンパー
・専用リアエンブレム
・15インチ アルミホイール(フロント)〈ステルスブラック塗装〉
・16インチ アルミホイール(リア)〈ステルスブラック塗装〉
・アルミホイール用ホイールナット(ブラック)
・専用サスペンション(5段階減衰力調整機構付)
・ディスクローター ドリルドタイプ
・スポーツブレーキパッド

ホンダ S660 Modulo X 2018

インテリア

ホンダ S660 Modulo X 2018

・専用スポーツレザーシート(本革×ラックス スェード®/ボルドーレッド×ブラック/Modulo Xロゴ入り)
・専用本革巻ステアリングホイール(ボルドーレッド×ブラック)
・専用Modulo Xロゴ入りメーター
・専用Modulo Xロゴ入りアルミ製コンソールプレート
・シフトノブ(チタン製)×シフトブーツ〈グレーステッチ〉(6MT)
・専用セレクトノブ(本革製/ボルドーレッド×ブラック)(CVT)
・専用サイドブレーキカバー(ボルドーレッド×ブラック)
・専用インパネソフトパッド(ボルドーレッド)
・専用フロアカーペットマット(デザインタイプ/ボルドーレッド×ブラック/Modulo Xアルミ製エンブレム付)

ホンダ S660の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

S660
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず