60周年記念限定車「フィアット 500C 60th」を発売

Fiat 500C 60th 2018

FCAジャパン株式会社は、「Fiat 500C(フィアット500C)」の限定車「500C 60th(シックスティース)」を、5月21日(土)より全国のフィアット正規ディーラーにて50台限定で販売する。Nuova 500の誕生60周年を記念した当限定車は、内外装に数々の専用装備を採用した特別感溢れる1台となっている。

2トーン・ボディカラー「ビコローレ」

500C 60thは、装備の充実ぶりを特徴とする「1.2 Lounge」をベースに、限定車ならではの特別な2トーン・ボディカラー「ビコローレ」を採用したモデル。車体の上下を異なる色で塗り分けたビコローレは、Nuova 500が誕生した1957年以前からフィアットが採用していた伝統的なカラースキームとなっている。この限定車「500C 60th」ではアイボリーとアイスホワイトを組み合わせ、歴史あるビコローレをモダンなタッチで再現している。

Fiat 500C 60th 2018

さらにエンジンフードのクロームラインやクローム仕上げのエクステリアミラーハウジング、2トーンの専用アルミホイールといったエクステリアパーツや、往年のFIATエンブレムをモチーフとしたFIATビンテージロゴ、「60」の文字をあしらったBピラーの60thロゴなど、伝統と遊び心が融合したチンクエチェントらしい表現を用いている。

Fiat 500C 60th 2018

インテリアはアイボリーを基調に、鮮やかなボルドーが随所に散りばめられ、上品さが漂うアイボリーのレザーシートにボルドーのパイピングがアクセントとして取り入れられているほか、大胆なボルドーのダッシュボード、ボルドー/ブラックのフロアマットなど限定車ならではのカラーリングによりビンテージとモダンが調和した仕立てが特徴となっている。さらに様々な情報を鮮明なカラー液晶パネルに表示するTFTメータークラスターも特別装備。

Fiat 500C 60th 2018

歴代モデルから引用した特別なカラースキームや専用装備により、特別感が演出された500C 60th。’50年代にNuova 500が移動の喜びを世間に広く伝えたように、500C 60thも乗る人や一緒にいる人を高揚させる、イタリアらしさに溢れた1台に仕上がっている。

Fiat 500C 60th 2018

Nuova 500とは

フィアット500 1957

1957年に誕生したチンクエチェント「Nuova 500」は、当時はまだ夢のような存在だった自動車を人々の身近な存在にした、イタリアの国民車として親しまれました。その人気はヨーロッパ中に広まり、1975年に生産が終了するまでに367万台以上が出荷されました。なお車体は屋根を開けて走ることができるキャンバストップを採用しており、その特徴は現代の500Cに受け継がれています。

Fiat 500C 60thの車両概要

Fiat 500C 60th 2018

モデル名

Fiat 500C 60th(フィアット500Cシックスティース)

ボディカラー

  • ビコローレ(973)-アイスホワイトTC+アイボリー
    内装:アイボリー/ボルドー(460)

販売台数

限定50台

特別装備

  • ビコローレ、ビューティライン(サイド)
  • クロームライン(エンジンフード)
  • クローム仕上げエクステリアミラーハウジング
  • FIATビンテージロゴ(フロント、リア、ステアリングホイール)
  • 60thロゴ(Bピラー)
  • 16インチアルミホイール
  • ボルドーシートパイピング
  • ボルドーインストルメントパネル
  • フロアマット
  • キックプレート
  • TFTメータークラスター

メーカー希望小売価格

2,840,400円 [税抜 2,630,000円]

主な仕様

  • エンジン:直列4気筒SOHC 8バルブ(可変バルブタイミング付)
  • 排気量: 1,240cc
  • 燃費(JC08モード): 19.4km/ℓ
  • 最高出力: 51kW(69ps)/5,500 rpm [EEC]
  • 最大トルク: 102Nm(10.4kgm)/3,000 rpm [EEC]
  • トランスミッション: ATモード付5速シーケンシャル(デュアロジック)
  • ハンドル位置: 右

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

フィアット
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず