ホンダ S660用純正アクセサリーを発売

ホンダ S660 オプション装着車 (2018)

株式会社ホンダアクセスから、Honda「S660(エスロクロクマル)」用の専用ナビゲーションなど純正アクセサリーを追加され、2018年5月25日に全国のHonda Carsから発売されます。

S660オーナーから要望の多かったアイテムをラインナップ

S660純正アクセサリーとしてはこれまでも、走りを高めるModuloアイテム、インテリアの上質感を高めるアイテム、ドライブで音楽を楽しむスカイサウンドスピーカーシステムなど、数多くの装備をラインアップ。

これらに加えて今回追加となるS660用純正アクセサリーは、S660オーナーから要望の多いアイテムを中心とした取り揃えになっています。

「S660」純正ディーラーオプション

価格はメーカー希望小売価格。 ( )内は消費税抜き本体価格

Gathers スカイサウンド インターナビ VXU-192SSi

S660 スカイサウンドインターナビ

S660専用ナビゲーション「Gathers スカイサウンド インターナビ VXU-192SSi」は、オンダッシュ画面と小型ナビゲーションユニットで構成され、便利なインターナビの情報サービスが使えるもの。Honda独自の通行情報を活用し、サーバーからの最新情報で道案内を行う100%サーバールート配信によるインターナビ案内機能をGathersとして初めて採用し、「Gメーター表示」などのS660ならではの機能も搭載。

S660 スカイサウンドインターナビGメーター

本体 213,840円(198,000円)
取付アタッチメント 4,320円(4,000円) 218,160円 (202,000円)

S660 スカイサウンドインターナビディスプレイ

Gathers スカイサウンド インターナビ+TVチューナーキット 
本体 243,000円(225,000円)
取付アタッチメント 4,320円(4,000円)
TVチューナー取付アタッチメント 10,800円(10,000円) 258,120円 (239,000円)

トップキャリア 116,640円 (108,000円)

10kgまでの荷物を積載可能な「トップキャリア」は、小旅行むけの荷物を載せるのに便利なアイテムで、荷物を載せないときの空力性能にも配慮したスポーティーなデザインとなっています。

S660 トップキャリア

S660 トップキャリア使用イメージ

タイダウンベルト  ブラック/5本セット 5,940円 (5,500円)

バゲージカバー 車名ロゴ付 19,980円 (18,500円)

S660 バゲージカバー

ロールトップ ブラウン 129,600円 (120,000円)

S660 ロールトップブラウン

フューエルリッド アルミ製 シルバー×ブラック塗装 27,000円 (25,000円)

2色塗り分けにより上質感がアップしています。

S660 フューエルリッド_シルバー×ブラック塗装

アドバンスドルームミラー 84,240円 (78,000円)

「アドバンスドルームミラー」は、車両後方に設定したカメラにより、後方視界をサポートする便利なアイテムで、車両標準のルームミラーより広い範囲を確認でき、雨天時・夜間・夕暮れ時などの視界が悪くなる状況での安全運転をサポート。

S660 アドバンスドルームミラー

エンジンスイッチ連動/カメラ画素数 約130万画素/ミラーモード時 自動防眩機能付  

本体 74,520円(69,000円)
取付アタッチメント 9,720円(9,000円)

フロアカーペットマット デザインタイプ

レッドを差し色にしたチェッカー柄の「フロアカーペットマット〈デザインタイプ〉」

S660 フロアカーペットマットデザインタイプ

ヒールパッド・アルミオーナメント付 28,080円 (26,000円)

ボディカバー フルタイプ Modulo X専用 19,440円 (18,000円)

Modulo Xに追加されたガーニーフラップの形状に対応した「ボディカバー〈フルタイプ(Modulo X専用)〉」

S660 ボディカバーフルタイプModuloX専用

ホンダ S660の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

S660
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず