マツダ アテンザがマイナーチェンジ フロントフェイスをリニューアル

マツダは、同社のフラッグシップモデルである『マツダアテンザ』(セダンおよびワゴン)を大幅に改良し、全国のマツダ販売店を通じて2018年5月24日より予約受注を開始すると発表しました。発売は2018年6月21日を予定しています。

マツダブランドのフラッグシップにふさわしいモデルとして

今回の商品改良では、マツダブランドを牽引するフラッグシップモデルにふさわしい最新・最良の「走る歓び」を具現化することを開発の志とし、デザイン、走行性能、安全性能など、幅広い領域において性能や質感を大幅に向上。基本車型であるセダンを丹念に造り込むことにより、本質的なクルマの価値を提供します。

洗練さとぬくもりの表現に注力

デザインについては、洗練さとぬくもりの表現に注力。上級機種「25S L Package」「XD L Package」では、日本の伝統と先端技術により生まれた新素材「Ultrasuede®nu(ウルトラスエード®ヌー)」を量産車として世界初採用。艶となめらかな風合いを併せもつ新しい質感を表現しました。

また、栓(セン)の木を使用した本杢(ホンモク)パネルやナッパレザーなど、本物の素材にこだわりつつ、日本の伝統美に通ずる色合いを表現。次世代のデザインの考え方も取り入れながら、エクステリア・インテリアともに上質なエレガンスを表現しています。

コンセプトは”エフォートレス・ドライビング”

走行性能に関するコンセプトは、”Effortless Driving(エフォートレス・ドライビング)”。様々な日常の運転シーンにおいて、クルマの性能をドライバーの意図通りに発揮させることで、心に余裕と安心が生まれ、ドライブをより楽しむことができる状態を目指しました。

内燃機関のたゆまない進化に取り組むマツダとして、従来から設定のあるエンジン3機種すべてを進化(SKYACTIV-G 2.0、SKYACTIV-G 2.5、SKYACTIV-D 2.2)。「SKYACTIV-G 2.5」には気筒休止技術を採用するなど、「走る歓び」をさらに高めるとともに、実燃費の向上を図っています。

また、次世代の車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ-ビークルアーキテクチャー)」の要素を一部採用。シートおよびサスペンションシステムの構造を一新するとともに、ボディには環状構造のつながりを良くするため効率的な補強を施し剛性を高めました。これにより、ドライバーの期待通りに反応する一体感ある操縦安定性と上質な乗り心地の両立、静粛性の大幅な向上を実現。フラッグシップモデルに相応しい、しなやかで質感高い「走る歓び」を体現しています。

 安全領域では、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」として、「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」*4を全車速追従機能付に、ヘッドライトのLEDユニットの20分割化により夜間視認性を向上させた「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」、夜間における歩行者認識精度が向上した「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)*夜間歩行者検知機能付」などを新たに採用。夜間走行を含む、より幅広い走行シーンにおいて、安心・安全な運転をサポートします。

「マツダ アテンザ」商品改良の概要

1. マツダ最高のエレガンスを追求したデザイン

エクステリアデザイン

- フロントグリルのデザインを変更し、立体感、骨格の強さ、重心の低さ、広がり感を強調。
- ヘッドランプは薄くワイドな造形と線表現の発光でより精悍な表情を演出。
- セダンのリアエンドパネルとガーニッシュを水平基調の造形とし、穏やかさと落ち着きを表現。
- 19インチ・17インチアルミホイールともに、大径感と立体感を強めた新デザインを採用。
- ソウルレッドプレミアムメタリックに替えてソウルレッドクリスタルメタリックを採用。

インテリアデザイン

- インストルメントパネルとドアトリムのデザインを大幅に変更し、ワイド感とスピード感、アテンザならではのエレガンスをより質感高く表現。
- シートデザインを一新し、フラッグシップモデルに相応しいゆったり感とおもてなし感を表現。
- 革内装の上級機種「25S L Package」「XD L Package」は、ナッパレザーシートや本杢(ホンモク)パネル、Ultrasuede®nu(ウルトラスエード®ヌー)など、最新・最良の素材をマツダ独自の色合いで仕上げたマツダ最上級の室内空間。

2. 「人間中心」の思想にもとづき、全領域を深化・熟成させた走りの質感

- よりリニアなクルマの挙動と質感高い乗り心地を実現するため、次世代車両構造技術を取り入れ、前後サスペンションシステムの構造を一新。それに合わせた新開発タイヤを採用。
- ステアリングギアマウントをリジットマウント化し、ステアリング剛性感を向上。
- 次世代車両構造技術の考え方に基づき、カウルクロスメンバーの板厚を上げるなど、環状構造のつながりを改善することでボディ剛性を効果的に高め、乗り心地と静粛性を大幅進化。
- 「声が透る洗練された空間」をコンセプトにNVH性能開発に取り組み、静粛性を大幅に向上。
- 前後シートは、乗員が「理想の姿勢を維持できる」ことを目指し、人間中心の思想に基づく次世代車両構造技術を取り入れて素材や形状を一新。
- ガソリンエンジンは「SKYACTIV-G 2.0」と、気筒休止技術を追加した「SKYACTIV-G 2.5」を採用し、日常域での扱いやすさと実用燃費向上に貢献。
- クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」では「急速多段燃焼」技術などの採用により、出力を従来の129kW(175PS)から140kW(190PS)へ、トルクを420N・m(42.8kgf・m)から450N・m(45.9kgf・m)へとそれぞれ向上。人間の感覚に合ったパフォーマンスフィールとともに上質な走りを実現。

3. すべての人が「走る歓び」を堪能できる、フラッグシップの安全性能

- 夜間における歩行者認識精度が向上した「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)*夜間歩行者検知機能付」を採用。
- 「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」のLEDブロックを20分割に細分化し、ハイビーム照射性能と配光性能を進化させ、より緻密な照射範囲のコントロールを実現。
- 4つのカメラにより周囲の映像をセンターディスプレイに表示する「360°ビュー・モニター」を設定。
- 「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」に、停車状態からでも追従走行を可能にする全車速対応の追従機能を付加。
- HMI(ヒューマンマシンインターフェイス)の進化として、さまざまな情報をメーター中央に表示する高精細な7インチTFT液晶を採用*6。また、アクティブ・ドライビング・ディスプレイの表示方式をフロントウインドー照射タイプに変更。

4. 快適性・利便性をさらに高める機能の進化

- フロントシートの快適性向上のため、シートベンチレーション機能をマツダ初採用。
- リアセンターアームレストに小物入れスペースと充電用USB端子を設定。
- 前後席ドアにカーテシランプを採用して利便性と安全性の向上に貢献。
- 停車時にブレーキから足を離しても停車状態を維持できるオートホールド機能を採用。
- ワイパーデアイサーを新設定(4WD車)。

Mazda6(マツダ6)の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

MAZDA6(アテンザ)
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず