日産 ノート e-POWERに4WD車を追加 全輪モーター駆動による緻密なコントロール

日産 ノート シャイニングブルー(PM)/スーパーブラック 2トーン

日産は2018年7月5日、「ノート e-POWER」に4WD(モーターアシスト方式)を追加するとともに、「ノート」の仕様を向上し、2018年7月5日より全国一斉に発売すると発表した。

「ノート」は、100%モーター駆動ならではの力強くスムーズな走行性能と優れた静粛性に加え、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速までを意のままに行うことが出来る「e-POWER Drive」が好評となっている。

e-POWERとモーターアシスト方式4WDの組み合わせ

今回、「e-POWER」のグレードに、走行性能をさらに高めた4WD(モーターアシスト方式)を追加設定した。「e-POWER」とモーターアシスト方式の4WDを組み合わせた新開発のシステムで、積雪や凍結路面などでの走りをサポートする。

「e-POWER」の走行性能はそのままに、全輪モーター駆動による緻密なコントロールにより、凍結した急な登り坂や交差点での右左折時、タイヤへの抵抗が大きな深い雪道でも安定性が向上し、安心な走りを実現するとしている。

「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備

また、4WDの追加に併せ、「ノート」の仕様を向上。 e-POWER Sを除く全グレードに、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備。

また、ガソリン車でも、e-POWERと同様、前方の歩行者検知が可能な仕様に機能を向上しています。さらに、「e-POWER」の一部のグレードに採用していた、「インテリジェント クルーズコントロール」と「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」を、ガソリン車にも拡大採用した。

これら各種の先進安全技術の充実により、「ノート」は、経済産業省や国土交通省などが普及啓発をしている、安全運転サポート車、「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」のワイドに対応。

さらに、ボディカラーに太陽の輝きを感じさせるサンライトイエローを新色として追加し、若々しくアクティブなイメージを表現。また、よりスポーティさを強調したスタイリッシュなブラックアローには、同サンライトイエローのボディにスーパーブラックのルーフの2トーンカラーを新たに設定し、全22色の幅広いカラーバリエーションから選択が可能となった。

なお、今回の仕様向上に併せ、特別仕様車「ノート シーギア」についても「e-POWER」グレードに4WD(モーターアシスト方式)を追加設定するほか、「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備。

また、「ノートNISMO」においても、「NISMO」、「e-POWER NISMO」グレードに「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備した。

日産 ノートの購入を検討中なら、こちらもチェック!

日産 ノートの買取り・下取り査定相場を知りたいなら

日産 ノート買取り/下取り査定価格の相場-2017年版
日産 ノートの正確な買取り査定価格をすぐ知りたいなら ノートの買取り価格を知りたいなら、パソコン・スマート...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ノート
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ