マツダ アテンザ (3代目 2012-2019):魂動デザインとスカイアクティブで魅力アップ [GJ]

マツダ アテンザ セダン XD L package 2015 (出典:mazda.co.jp)

マツダ アテンザ セダン XD L package 2015

マツダのDセグメント乗用車「アテンザ」は、2012年11月に4年ぶり2度目のフルモデルチェンジを実施し、現行型となりました。近年のマツダがモチーフとする「魂動」を取り入れたエクステリアデザインと、「CX-5」に次いでSKYACTIV TECHNOLOGYを全面的に採用した事により、同社のフラッグシップに相応しいモデルに生まれ変わりました。

雄(タケリ)のテイストを取り入れたスタイリング

ボディのバリエーションは、先代同様4ドアセダンと5ドアワゴンが用意されます。スタイリングは、プレーンで大人しいイメージであった先代から一転、2011年の東京モーターショーに展示されたショーモデル「雄(タケリ)」のテイストを取り入れた、躍動感溢れるイメージへと変貌を遂げました。

マツダ アテンザ セダン XD L package 2015 (出典:mazda.co.jp)

マツダ アテンザ セダン XD L package 2015

ボディサイズは、全長4,860mm~4,865mm(セダン)/4,800mm~4,805mm(ワゴン)×全幅1,840mm×全高1,450mm(セダン)/1,480mm(ワゴン)で、先代よりも一回り拡大され、Eセグメントに迫る堂々たるサイズになりました。又、シャシーの刷新に伴いホイールベースも延長され、2,830mm(セダン)/2,750mm(ワゴン)となりました。

マツダ アテンザ ワゴン XD PROACTIVE 2015 (出典:mazda.co.jp)

マツダ アテンザ ワゴン XD PROACTIVE 2015

 

エンジンを全面的に刷新

車両重量は1,440kg~1,530kgで、ボディとシャシーにSKYACTIV TECHNOLOGYを導入し軽量化を図った結果、ボディサイズ拡大に伴う重量増加は最小限に抑えられました。サスペンションは、フロントが先代のダブルウィッシュボーン式からマクファーソンストラット式に変更され、リアはマルチリンク式が踏襲されました。

マツダ アテンザ セダン XD L package 2015 (出典:mazda.co.jp)

マツダ アテンザ セダン XD L package 2015

エンジンは全面的に刷新され、2L直4及び2.5L直4ガソリンが新設計のものに置き換えられた他、新たに2.2L直4ディーゼルターボが用意されました。最高出力と最大トルクは、2LガソリンのPE-VPR型が155ps/20kgm、2.5LガソリンのPY-VPR型が188ps/25.5kgm、2.2LディーゼルターボのSH-VPTR型が175ps/42.8kgmとなっています。

マツダ アテンザ セダン XD L package 2015 (出典:mazda.co.jp)

マツダ アテンザ セダン XD L package 2015

トランスミッションは、ガソリン・ディーゼル共に6速トルコン式AT「SKYACTIV-DRIVE」が組み合わせられる他、ディーゼルのみに6速MT「SKYACTIV-MT」が設定されます。燃費性能は、全車にアイドリングストップ機構「i-stop」や減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」を採用した事などにより、先代モデルよりも大幅に向上しています。

安全装備も充実

駆動方式は、発売当初はFFのみの設定でした。装備面では、衝突被害軽減ブレーキ「SBS/SCBS」や車線逸脱警報システム「LDWS」、レーダークルーズコントロールなどにより構成される安全運転支援システム「i-ACTIVSENSE」が設定された事が、最大の特徴となりました。又、2013年11月の一部改良により、SCBSが全車に標準装備となりました。

マツダ アテンザ セダン XD L package 2015 (出典:mazda.co.jp)

マツダ アテンザ セダン XD L package 2015

翌2014年11月にビッグマイナーチェンジを実施し、フェイスリフトによりエクステリアのイメージを一新した他、内装のデザインやカラーリングの変更、電動パーキングブレーキの採用、カーコネクティングシステム「マツダコネクト」の標準装備、一部グレードに後席用シートヒーター装備などの変更が行われました。

マツダ アテンザ ワゴン XD L package 2015 (出典:mazda.co.jp)

マツダ アテンザ ワゴン XD L package 2015

同時に、i-ACTIVSENSEが進化し、「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」や「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)」などの機能が追加されました。又、ディーゼル車にのみ新たにフルタイム4WDモデルが追加されました。エンジンのスペックやAT/MTが選択出来る点などはFFモデルと同様で、車両重量は70kg増加し1,580kg~1,620kgとなりました。

現行型アテンザは、国内における販売台数はさほど振るわないものの、欧州の同クラス車と拮抗する走行性能の高さには定評があります。又、2014年RCJカーオブザイヤーや同年の日本カーオブザイヤーのエモーショナル部門賞を受賞するなど、基本性能やデザインが評論家筋からも高く評価されています。

Mazda6(マツダ6)の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

MAZDA6(アテンザ)
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず