マツダ CX-5をマイナーチェンジ 2.5Lガソリンターボエンジン追加

マツダCX-5 特別仕様車「XD Exclusive Mode」

マツダは、クロスオーバーSUV「マツダCX-5」の商品改良モデルを、全国のマツダ販売店を通じて2018年10月11日より予約受注を開始し、11月22日より発売する。

また、「CX-5」の最上級グレードとして、こだわりの素材によりモダンさと温かみを表現した特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」も同時に受注開始、発売する。

マツダ CX-5特別仕様車「Exclusive Mode」発売
マツダは、クロスオーバーSUV「マツダCX-5」の商品改良モデルを、全国のマツダ販売店を通じて2018年10月1...

2.5リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンを国内初設定

今回の商品改良では、豊かなトルクで長距離クルージングを得意とするクリーンディーゼルエンジンに加え、マツダの国内向け車種として初めて2.5リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を設定。低速から中速、さらには高速域まで意のままに加速し、その手応えを感じ、更に走りたくなるような、力強く上質な走りを実現した。

安定感ある走りを実現する「G-ベクタリング コントロール(GVC)」はハンドルを切った際の制御に加えハンドルを戻す際の制御を追加した「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)」へと進化、高速走行での車線変更時や滑りやすい路面での車両の挙動を安定させ安心感を高めた。

マツダCX-5 特別仕様車「XD Exclusive Mode」

さらにクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車には、新たに6速マニュアルトランスミッションを追加設定しました。このクラス唯一となるMT車の設定を通じて、クルマを思いのままに操る楽しさをSUVのドライバーにも提供する。

マツダCX-5 特別仕様車「XD Exclusive Mode」MTシフトパネル

今回、最上級モデルとして設定される特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」では、高品質のナッパレザーや本杢パネルといった素材を採用し精緻な造り込みを行うことで、モダンさと温かみを兼ね備えた、洗練された空間を創出。これら高品質な素材と匠の技術によって、新たな「所有する歓び」をCX-5で提供する。

マツダCX-5 特別仕様車「XD Exclusive Mode」

「マツダCX-5」商品改良の主な改良点

パワートレイン、操縦安定性、乗り心地

  • 2.5リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を国内で初採用
    最高出力169kW〈230PS〉/4,250rpm、 最大トルク420N・m(42.8kgf・m〉/2,000 rpm
    指定燃料: 無鉛レギュラーガソリン
  • 新たに「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)」を全車に標準設定し、高速域、緊急操作時でも、より安定した車両挙動を実現。意図しない急な動きを抑制し、乗員の不安感を軽減
  • クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」機種(2WD・4WD)に6速MT「SKYACTIV-MT」を設定

高い安全性能と利便性の向上

  • アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)に夜間歩行者検知機能を追加
  • 360°ビュー・モニターを特別仕様車「Exclusive Mode」に標準設定、全機種にメーカーオプション設定
  • コネクティビティシステム「マツダ コネクト」がApple CarPlay・Android Autoに対応(マツダとして国内初採用)

デザイン、質感の向上

  • 17インチアルミホイールの塗装を、ダークシルバーからグレーメタリックに変更(形状は変更なし)
  • エアコンパネルデザインと各種スイッチ・ダイアルのデザインを一新し、質感と操作性を向上
  • ノーマルスピーカー車のAピラートリム表面素材を樹脂からファブリックに変更。また、ノーマルスピーカー車はAピラー根元にツイーターを追加し、スピーカー数を従来の4個から6個に増加。

CX-5の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

CX-5
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ