日産 スカイラインをマイナーチェンジ 進化したプロパイロット2.0搭載

日産 スカイライン 400R ブリリアントホワイトパール(3P)〈#QAB・スクラッチシールド〉(特別塗装色)

日産は、先進運転支援技術「プロパイロット 2.0」を搭載した新型スカイラインを発表した。発売は2019年9月を予定している。

ガソリンエンジンはV6 3.0Lターボに

日産 スカイライン 400R ブリリアントホワイトパール(3P)〈#QAB・スクラッチシールド〉

ガソリン車には、「3.0L V6 ツインターボエンジン」を新搭載。また、スカイライン史上最高となる400馬力を実現した400Rもラインアップした。

また、新しいNissanConnectサービス(コネクテッドカーサービス)では、次世代の専用車載通信ユニットによる多彩なサービスも提供される。

新型スカイラインの商品概要

先進運転支援技術プロパイロット 2.0を搭載

日産 スカイライン 世界初のインテリジェント高速道路ルート走行(3D高精度地図データ搭載)「プロパイロット 2.0」

高速道路の複数車線をナビゲーションシステムと連動して設定したルートを走行し、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、同一車線内でハンズオフが可能となる世界初の先進運転支援技術「プロパイロット 2.0」をハイブリット車に標準装備。

  • プロパイロット緊急停止時SOSコール
  • ルート走行中の車線変更と分岐、追い越し時の車線変更の支援機能
  • 同一車線内でのハンズオフ機能

など、これまでのプロパイロットをアップグレードしている。

3.0L V6 ツインターボエンジンを新搭載

日産 スカイライン 3.0L V6 ツインターボエンジン(VR30DDTT)

「3.0L V6 ツインターボエンジン」をガソリン車に新搭載。「3.0L V6 ツインターボエンジン(VR30DDTT)」は、プレミアムスポーツセダンとしての運転の楽しさと圧倒的な走行性能を追求している

インテリジェント ダイナミックサスペンションの採用とダイレクトアダプティブステアリングを性能向上

日産 スカイライン ダイレクトアダプティブステアリング / インテリジェント ダイナミックサスペンション

新搭載のインテリジェント ダイナミックサスペンションは、走行シーンに合わせてサスペンションの減衰力を緻密に制御。スポーティな走行での優れた操縦安定性と、車体の揺れを低減して快適な乗り心地を両立。

ダイレクトアダプティブステアリングは、ステアリングの切り始めのレスポンスを向上。

 新しいNissanConnectサービス(コネクテッドカーサービス)

「スカイライン」から新しいNissanConnectサービスを大幅に拡充。通信によりナビの地図更新が自動で行える「OTA(Over The Air)自動地図更新」や、ナビとスマートフォンの連携によりクルマに乗る前の現在地から車を降りてからの最終目的地までのシームレスな道案内を可能にする「ドアtoドアナビ」、車内がWi-Fi環境になる「docomo In Car Connect®」など、多彩なサービスを提供する。

Vモーショングリルの採用と日産のエンブレムが復活

日産 スカイライン

エクステリアは、フロントに日産ブランドの象徴である「Vモーショングリル」を採用し、「スカイライン」のスポーティネスを凝縮したフロントフェイスをデザインしました。リヤには、「スカイライン」のアイコンである「丸目4灯リヤコンビネーションランプ」を採用。

日産 スカイライン GT Type SP(HYBRID/2WD)

インテリアは、日産国内初採用のヘッドアップディスプレイや、アドバンスドドライブアシストディスプレイなど「プロパイロット 2.0」専用装備を採用。

日産 スカイライン プロパイロット 2.0

スカイラインの価格

GT [V6 TURBO] 2WD:4,274,640円~GT Type SP (ハイブリッド、4WD):6,327,720円(消費税込み)

日産 スカイラインの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スカイライン
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず