日産 新型スカイラインの受注が計画の9倍に

日産 スカイライン

日産自動車は4日、新型「スカイライン」が、2019年7月16日の発表から約1ヵ月半で1,760台の受注を突破したと発表した。新型「スカイライン」は2019年9月17日に販売を開始する。

プロパイロット2.0搭載のハイブリッドモデルが48%

新型「スカイライン」の受注実績は、グレード別では、「プロパイロット2.0」を搭載したハイブリッドモデルが48%、ターボエンジンモデルが52%、そのターボの中でも400Rが半分を占める。

400Rの購入は40代以下が三割

日産 スカイライン 400R ブリリアントホワイトパール(3P)〈#QAB・スクラッチシールド〉(特別塗装色)

400Rについても計画に対して想定以上の人気の高さとなっている。400Rは平均年齢が50代後半のセダン市場において、40代以下が三割近く占め、年齢層の若いユーザーにも支持されている。

ブリリアントホワイトパールが40%で一番人気

日産 スカイライン ブリリアントホワイトパール(3P) 〈#QAB・スクラッチシールド〉(特別塗装色)

ボディーカラー別では、ブリリアントホワイトパールが40%と最も売れ筋となっている。さらに、次世代の専用車載通信ユニットにより多彩なサービスを提供するNissanConnectサービス(コネクテッドカーサービス)も好評。

日産 スカイライン GT Type SP(HYBRID/2WD)

日産 スカイラインの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スカイライン
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車