日産 スカイライン (3代目 1968-1972):日産・プリンス合併後初のモデルになるとともに初代GT-Rを設定 [C10]

日産 スカイライン 2000GT 1968

初代モデルがプリンス自動車より1957年4月にリリースされた中型乗用車「スカイライン」は、1968年8月に5年ぶり2度目のフルモデルチェンジを受け、3代目C10型に移行しました。プリンス自動車が日産自動車に吸収合併されてからリリースされた初のモデルであると同時に、高性能グレード「GT-R」が設定された初のモデルともなりました。

3タイプのボディでスタート

日産 スカイライン 1500バン 1968

ボディタイプは当初、4ドアセダンと5ドアステーションワゴンおよびバンの3タイプがラインナップされました。スタイリングは、直線基調のスクエアなフォルムを踏襲しながらも、独自の「サーフィンライン」を採用するなど個性化が図られました。初期型のボディサイズは全長4,205mm×全幅1,595mm×全高1,405mmで、先代4気筒モデルから全長・全幅が拡大されました。

日産 スカイライン 2000GT 1968

ホイールベース2,490mmで、先代4気筒モデルから100mm延長されていました。サスペンション形式は、フロントはダブルウィッシュボーン式からマクファーソンストラット式に変更され、リアはリジッド・リーフ式が踏襲されました。駆動方式はFRを踏襲し、エンジンは当初、プリンス系の1.5L直4SOHCユニットであるG15型(最高出力95ps/最大トルク13.1kgm)のみが用意されました。

6気筒車を追加

組み合わせられるトランスミッションは、コラム式3速MTまたはフロア式4速MTでした。当初のグレードは体系は、「スタンダード」「デラックス」の2タイプが基本でした。そして2か月後の10月、全長とホイールベースをストレッチした4ドアボディに、日産系の2L直6SOHCユニットであるL20型(最高出力105ps/最大トルク16kgm)を搭載する「2000GT」が追加されました。

日産 スカイライン 2000GT 2Drハードトップ 1970

このモデルを含め、以降登場する6気筒車にはリア・サスペンションにセミトレーリングアーム独立懸架式が採用されました。さらに翌1969年2月には、1.8L直4SOHCのG18型エンジン(最高出力105ps/最大トルク15kgm)を搭載する「1800」シリーズと、レーシングカー「プリンス・R380」譲りの2L直6DOHCエンジン(最高出力160psまたは155ps)+5速MTを搭載する「2000GT-R」が追加されました。

ハードトップを追加

追って同年10月にマイナーチェンジが実施され、フロントグリルやテールランプの意匠が変更されました。さらに翌1970年10月に実施された2度目のマイナーチェンジの際には、内外装デザインの変更とともに、ホイールベースを70mm短縮した2ドアハードトップが追加されました。同時に、L20型エンジンの最高出力が120psまたは115psに向上しました。

日産 スカイライン 2000GT 2Drハードトップ 1970

次いで1971年9月に3度目のマイナーチェンジが実施され、再び内外装が一部変更されるとともに、L20型ツインキャブレター仕様エンジン(最高出力130ps/125ps)を搭載する「2000GT-X」が追加されました。そして1972年9月にフルモデルチェンジが実施され、4代目C110型に移行しました。

歴代日産 スカイライン フルモデルチェンジの歴史
初代プリンス(日産) スカイライン (1957-1963 LS1/S2) 先進的な構造を持つ高性能車として...

 

日産 スカイラインの購入を検討中なら、こちらもチェック!

新型スカイライン 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
日産 新型スカイラインの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型スカイラインの値引き情報や納期、見積もり例、競合車...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スカイライン 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず