スズキ セルボ・モード (4代目 1990-1998):スペシャリティ路線からオーソドックスなハッチバックに [CN21S/22S/31S/32S]

スズキ セルボ・モード (4代目 1990-1998)

1977年に初代モデルがデビューしたスズキ自動車の軽自動車「セルボ」は、1990年5月に一旦ラインナップから消滅したものの、同年7月に通算4代目となる新規格対応モデル「セルボ・モード」となって再登場しました。登録が先代の4ナンバーから再び5ナンバーに戻されると共に、従来のスペシャリティカー路線を捨てオーソドックスなハッチバックセダンに転向した事が特徴でした。

新車購入ガイド:【2022最新】アルトの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

まずは3ドア ターボ車から

スズキ セルボ・モード (4代目 1990-1998)

ボディタイプは当初3ドアのみの設定で、スタイリングは先代の奇抜なものから一転、丸みを帯びた落ち着いたフォルムに変貌しました。ボディサイズは全長3,295mm×全幅1,395mm×全高1,390mmで、軽自動車規格変更に伴い先代から全長が100mm拡大された他、全高も60mm高くなりました。ホイールベースは3代目「アルト」と共通の2,335mmで、先代からは160mm延長されました。

スズキ セルボ・モード (4代目 1990-1998)

車両重量は、ボディサイズ拡大に伴い大幅に増加し650~730kgとなりました。サスペンション形式はフロント:マクファーソンストラット式/リア:I.T.L式を踏襲し、駆動方式は先代同様のFFベースとなる一方、引き続き設定される4WDはパートタイム式からフルタイム式に変更されました。エンジンは、先代の550cc直3のF5B型から660cc直3SOHCのF6A型及び同直4DOHCのF6B型に置換されました。

当初用意されたのは共にターボ仕様のみで、最高出力/最大トルクはF6A型が61ps/9.2kgm、F6B型が64ps/8.4kgmでした。トランスミッションは前者に5速MTと3速トルコン式ATが、後者には5速MTのみが設定されました。グレード体系は、F6A型エンジン搭載の「Sターボ」「SRターボ」とF6B型エンジン搭載の「SR-FOUR」の3タイプで、4WD車はSR-FOURのみに設定されました。

新車購入ガイド:【2022最新】スペーシアの値引き 納期 乗り出し価格

5ドア車とNAエンジン搭載車を追加

スズキ セルボ・モード (4代目 1990-1998)

追って同年11月、6ライトウィンドウ採用の5ドア車と、F6A型NAエンジン搭載車が追加されました。エンジンの最高出力/最大トルクは、廉価/中間グレード「M」「S」用が52ps/5.7kgm、上級グレード「L」用が55ps/5.8kgmでした。そして1991年9月にマイナーチェンジが実施され、SR-FOURのリアブレーキがディスク化されるなど仕様向上が図られました。

同時に、3速コラムシフトAT採用の新グレード「MC」が追加されました。次いで1993年10月にエントリーグレード「Mセレクション」が追加になり、1995年10月のマイナーチェンジでは内外装デザインの変更と共に、レトロ調の専用内外装が備わるNAエンジン搭載モデル「セルボ・C(クラシック)」が追加されました。

続いて1997年5月、2度目のマイナーチェンジにより内装が小変更されると同時に、ターボ車が廃止されました。そして1998年10月、軽自動車規格変更に伴うラインナップ整理の対象となり、後継モデルが発売される事なく全車販売終了となりました。次期型セルボが登場するのは、それから8年後の2006年11月の事でした。

先代モデル:3代目セルボ

スズキ セルボ (3代目 1988-1990):スタイリングを一新すると共に4WD車を設定 [CG72V/CH27V]
1977年に初代モデルがデビューしたスズキ自動車の軽スペシャリティカー「セルボ」は、1988年1月におよそ5年半...

後継モデル:5代目セルボ

スズキ セルボ (5代目 2006-2009):先代の販売終了以来8年ぶりに登場した後継モデル [HG21S]
1977年に初代モデルがデビューしたスズキ自動車の軽自動車「セルボ」は、1998年に4代目モデルの販売終了をもっ...

新車購入ガイド:【2022最新】ジムニー/シエラの値引き 納期 乗り出し価格

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

セルボ時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ