プリンス(日産) スカイライン (初代 1957-1963):先進的な構造を持つ高性能車として誕生 [LS1/S2]

スカイライン デラックス 1957

現在はすでに日産自動車に吸収合併され消滅している自動車メーカー「プリンス自動車」は、「富士精密工業」を名乗っていた1957年4月、「プリンス・セダン」に続く同社のガソリン車第二弾となる中型乗用車「スカイライン」を発売しました。当時としては先進的な構造や優れた性能が備わっていた点が特徴で、そうした個性は後のモデルにも受け継がました。

ド・ディオン・アクスル式リアサスを採用

当初4ドアセダンのみが用意されたボディはセミ・モノコック構造で、エクステリア・デザインは社内スタッフにより手掛けられました。そのスタイリングは控えめながらもテールフィンが備わるなど、当時のアメリカ車の影響を受けたものでした。ボディサイズは全長4,475mm×全幅1,680mmで、5ナンバーサイズを守りながらもプリンス・セダンより一回り拡大されていました。

スカイライン デラックス 1957

また、ホイールベースもそれよりも長い2,535mmに設定されていました。サスペンション形式はフロントがダブルウィッシュボーン独立懸架式、リアがド・ディオン・アクスル半独立懸架式で、当時4輪リジッド・リーフ式も珍しくなかった国産車としては非常に先進的な機構でした。駆動方式は、プリンス・セダン同様のコンベンショナルなFRが踏襲されました。

当初搭載されたエンジンは、当時の小型車規格枠いっぱいの排気量であった1.5L直4OHVのGA30型でした。アウトプットは最高出力60ps/4,400rpm・最大トル10.8kgm/3,200rpmで、当時の国産車としてトップレベルのものでした。トランスミッションは3速MTが組み合わせられ、最高速度125km/hの性能を発揮しました。

さらに性能が向上

その後1959年2月に、スカイラインと共通のシャシーおよびボディに1.9L直4OHVのGB4型エンジン(最高出力91ps/4,800rpm・最大トル15kgm/3,600rpm)を搭載する上級モデル「グロリア」がリリースされました。一方スカイラインは、同年10月に排気量はそのままにアウトプットが最高出力70ps/4,800rpm・最大トル11.5kgm/3,600rpmに高められました。

スカイライン 1960

同時に、モノグレード設定だったグレード体系が「スタンダード」と「デラックス」の2タイプとなりました。次いで翌1960年にマイナーチェンジが実施され、ヘッドランプがそれまでの丸型2灯式から丸型4灯式に変更されるとともに、テールランプの意匠が変更されました。さらに1961年には、グロリアと共通のGB4型エンジンを搭載する「1900」シリーズが追加されました。

ミケロッティの手によるクーペ/コンバーチブルを追加

スカイライン スポーツ 1961

続いて1962年4月、ミケロッティの手によるスタイリッシュな2ドアクーペおよび2ドアコンバーチブルボディに、GB4型エンジンのアウトプットを最高出力94ps/4,800rpm・最大トル15.6kgm/3,600rpmまで高めて搭載する「スカイライン・スポーツ」が発売されました。4速MTとの組み合わせにより最高速度150km/hの性能を発揮したものの、極めて高価であったため生産台数は僅か60台ほどに留まりました。

スカイライン スポーツ 1961

追って同年9月にセダンのマイナーチェンジが実施され、エクステリア・デザインが変更されるとともにエンジンがGB4型に一本化されました。そして1963年9月にフルモデルチェンジが実施され、2代目S5型に移行しました。

歴代日産 スカイライン フルモデルチェンジの歴史
初代プリンス(日産) スカイライン (1957-1963 LS1/S2) 先進的な構造を持つ高性能車として...

 

日産 スカイラインの購入を検討中なら、こちらもチェック!

新型スカイライン 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
スカイラインの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど日産 新型スカイラ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スカイライン 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ