アウディ50 (1974-1978):アウディ・ブランドのエントリーモデルとして誕生

アウディ50 1974

アウディ50 1974

1974年9月、アウディNSUアウトウニオンAGは同社のエントリーモデルとなるコンパクトカー「アウディ・50」を発売しました。「ゴルフ」の下位に位置するモデルの発売を計画していた親会社のフォルクスワーゲンが、市場の反応を見る為にアウディ・ブランドより先行リリースしたモデルで、翌年3月にフォルクスワーゲン・ブランドよりデビューした「ポロ」はボディを共有する姉妹車種でした。

ボディは3ドアハッチバックのみ

ボディタイプは3ドアハッチバックのみの設定で、後に3ドアノッチバックセダンが追加されたポロと異なり、最後まで単一のボディ・ラインナップが貫かれました。スタイリングはゴルフに類似した直線基調のボディラインを持つものの、デザインはジウジアーロの手によるゴルフと異なり、ベルトーネに委託されたものでした。

アウディ50 1974

アウディ50 1974

又、ポロに対してはエンブレムが異なるだけで、基本的に共通のデザインでした。ボディサイズはポロと実質的に同等の全長3,510mm×全幅1,560mm×全高1,340mmで、ゴルフよりも一回り小さく、ホイールベースはそれより65mm短い2,335mmでした。車両重量は720kgで、ポロに対しては後述する搭載エンジンの相違により30kg程重かったものの、ゴルフとの比較では30kg以上軽量に抑えられていました。

1.1Lエンジンを搭載

サスペンション形式は、ゴルフやポロと同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:トレーリングアーム式で、駆動方式も同様にFFが採用されました。搭載されたエンジンは1.1L直4SOHCシングルキャブレター仕様(最高出力50ps/60ps)で、ポロが当初0.9L直4エンジン(最高出力40ps)を搭載してデビューしたのに対し、アウディ・ブランドに相応しい上級路線が取られてました。

アウディ50 1974

アウディ50 1974

又、組み合わせられるトランスミッションはポロと同様の4速MTで、1~4速のギアレシオも共通であったものの、出力に余裕がある為ファイナルレシオが高められていました。グレード体系は標準グレード「LS」と上級グレード「GL」の2タイプで、前者には50ps仕様エンジンが、後者には60ps仕様エンジンが搭載されました。

アウディ50 1974

アウディ50 1974

その他の機構面では、ラック&ピニオン式のステアリング形式やフロント:ディスク式/リア:ドラム式のブレーキ形式などはポロと共通で、4.5J×13+135SR13のホイール&タイヤサイズも同一でした。販売はポロと異なり欧州のみで行われ、ヤナセによる日本市場への正規輸入もありませんでした。その後、ポロより3年早く1978年に生産終了となりました。

アウディ50 1974

アウディ50 1974

世代交代を繰り返し現在も販売が続けられているポロとは対照的に、後継車種がリリースされる事はなく、50のモデル名は1代限りでラインナップから消滅しました。

コンパクトカー購入検討中なら、こちらもチェック!

ヤリス値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
ヤリスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ ヤリスの新車購入...
フィット 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
フィットの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新型フィットの...
ノート e-POWER 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
ノート e-POWERの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど日産ノー...
シエンタ 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
シエンタの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ シエンタの新車...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ライズの新車...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

A3シリーズ時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ