日産 キューブ (初代 Z10 1998-2002):ベースモデルのマーチを凌ぐ程のベストセラーに

日産 キューブ Z10  1998-02

日産 キューブ Z10 1998-02

日産のコンパクト・トールワゴン「キューブ」の初代モデルは、1998年2月に発売されました。2代目「マーチ」のプラットフォームやパワートレインを流用し、ハイトのある2ボックス5ドアのハッチバックボディを架装したモデルで、走行性能に際立った特徴はなかったものの、当時としては斬新なコンセプトを持つ車種でした。

角張ったボディと1.3Lエンジンの組み合わせ

スタイリングは、車名の通り角張ったボクシーなデザインが特徴で、ベースモデルのマーチが曲線的なボディを持っていたのとは対照的でした。ボディサイズは全長3,750mm×全幅1,610mm×全高1,625mmで、マーチよりも一回り大きく、特に全高は200mm高く設定されていました。ホイールベースはマーチと同一の2,360mmで、車両重量はそれより100kg以上重い960kg~970kgでした。

日産 キューブ Z10  1998-02

日産 キューブ Z10 1998-02

サスペンションもマーチと共通の、前:ストラット式/後:5リンク式が採用されました。エンジンは、マーチと異なり1Lの設定がなく1.3L直4DOHCのCG13DE型のみの設定で、最高出力は3ps大きい82ps/6,000rpm、最大トルクは同一の10.8kgm/4,000rpmのスペックでした。トランスミッションは4速トルコン式ATとCVTの2種類でMTの設定はなく、駆動方式は発売当初はFFのみの設定でした。

日産 キューブ Z10  1998-02

日産 キューブ Z10 1998-02

インテリア面では、インパネはマーチと異なる専用デザインのものが採用されました。乗車定員は4人で、リアシートは5:5のシングルフォールディング分割可倒式が採用され、前後のシートを倒す事により広大な荷室が出現しました。グレード体系は3種類が基本で、他に専用エクステリアを備えるオーテックジャパン扱いの特別仕様車「ライダー」が設定されました。

M/Cでパワートレインを刷新し4WD車を追加

翌1999年11月にマーチと共にマイナーチェンジを実施し、エンジンが排気量の74cc大きいCGA3DE型に置換され、スペックが最高出力85ps/6,000rpm、最大トルク12.2kgm/4,000rpmに向上しました。トランスミッションもCVTが刷新され、従来の「N・CVT」から「ハイパーCVT」及び6速マニュアルモード付の「ハイパーCVT-M6」に変更になり、燃費が約10%改善されました。

日産 キューブ Rider  1998-02

日産 キューブ Rider 1998-02

同時に、オートトルクコントロールカップリングを採用したフルタイム4WD車が新たに設定されました。リアサスペンションの形式がFF車から変更され、パラレルリンクストラット式による独立懸架式が採用されました。車両重量はFF車よりも100kg以上重くなり、1,090kg~1,110kgとなりました。

日産 キューブ Z10  1998-02 (出典:wikipedia.org)

日産 キューブ Z10 1998-02 (出典:wikipedia.org)

次いで2000年9月に2度目のマイナーチェンジを実施し、内外装の一部変更が行われた他、乗車定員が5人に変更されました。翌2001年5月に、圧縮比アップやプレミアムガソリン仕様に変更するなどにより、最高出力101ps/6,400rpm、最大トルク12.5kgm/4,400rpmまでパワーアップを図ったCGA3DE型エンジンを搭載するスポーティグレード「α」が、FF車に追加されました。

初代キューブは、フロアがマーチと共通であった為頭上に無駄な空間が生じるなど、パッケージングの点では合理的とは言えない面がありました。しかし、居住性や積載性自体に問題はなくレジャー用途に適していた事や、発売当時はこのクラスにライバルとなる車種が存在しなかった事などにより、ベストセラーであったマーチを凌ぐ販売台数を記録する程の大ヒットとなりました。

日産車の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

キューブ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるず編集部をフォローする
びぃくるず