ルノー(IKA) トリノ (1966-1982):アメリカ車をベースとしたアルゼンチン製乗用車

ルノー(IKA) トリノ Coupe (1967)

アメリカのカイザー・モーターズ社の手により1955年にアルゼンチンに設立された自動車メーカー「IKA」は、1966年に新型ミディアムセダン「トリノ」を発売しました。後に、ルノーとの提携により社名が「IKAルノー」、更に「ルノー・アルヘンティーナ」に変更されてからも生産が続けられ、モデルライフが16年に及ぶロングセラーカーとなりました。

ピニンファリーナによりリデザイン

ルノー(IKA) トリノ Torino Coupe 380 W (1969)

設計はカイザー/IKAのオリジナルではなく、当時カイザーが提携を結んでいたAMCの「ランブラー・クラシック」と基本的に共通のプラットフォームに、イタリアのピニンファリーナの手によりリデザインされたボディを架装したモデルでした。ボディタイプは、様々なバリエーションが用意されたランブラー・クラシックとは対称的に、当初は4ドアセダンのみの設定でした。

ルノー(IKA) トリノ Coupe TS (1972)

スタイリングは、直線基調のボディラインはランブラー・クラシック譲りであったものの、丸型2灯式ヘッドランプ採用のシンプルなフロントマスクなど、欧州車的なセンスが付加されていました。ボディサイズは全長4,723mm×全幅1,800mm×全高1,440mmで、ランブラー・クラシックよりも一回り小さく、ホイールベースも120mm程短い2,723mmに設定されていました。

エンジンはカイザー製を採用

ルノー(IKA) トリノ Coupe TS (1972)

駆動方式はFRを踏襲、エンジンはAMC自製を搭載するランブラー・クラシックとは異なり、カイザー製3.8L直6SOHCシングルキャブレター仕様(最高出力142ps/最大トルク27.1kgm)のノックダウン生産版が搭載されました。トランスミッションは4速MTが組み合わせられ、最高速度160km/hの性能でした。

ルノー(IKA) トリノ Coupe TS (1972)

そして翌1967年、新たなバリエーションとしてランブラー・クラシックにも存在しない2ドアクーペが加わりました。エンジンはセダンと同じ3.8Lながら、ウェーバー3連キャブレター装備によりアウトプットが最高出力188ps/最大トルク33kgmまで高められ、最高速度は200km/hに達しました。追って1968年には、3L直6SOHCシングルキャブレター・エンジン搭載車が追加されました。

ルノー(IKA) トリノ Coupe ZX (1978)

アウトプットは最高出力122ps/最大トルク21kgmで、同じく4速MTとの組み合わせによる最高速度は、3.8Lシングルキャブレター・エンジン搭載車より10km/h低い150km/hでした。その後1978年に社名がルノー・アルヘンティーナに変更された際、フェイスリフトが実施されると共に全長が若干延長されました。そして1982年をもって生産終了となりました。

トリノはアルゼンチン国内において高い人気を獲得し、国民車として親しまれました。又、ルノー系モデルの中で、唯一ルノーのオリジナル設計ではない車種でした。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ルノー 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ