ポルシェ ケイマン (初代 987c 2005-2012):2代目ボクスターをベースとしたフィクスドヘッド版

ポルシェ ケイマン (初代 987 2006)

ポルシェAGは2005年、前年に2代目に移行させた2シーター・オープン・スポーカー「ボクスター(987型)」をベースとした2シーター・フィクスドヘッド・スポーツカー「ケイマンS」を発売しました。プラットフォームや基本メカニズムはボクスターと共通であった一方、より高性能なエンジンが搭載され、強化されたボディ剛性と相まって一段と優れたパフォーマンスを発揮しました。

専用フロントマスクを採用

ポルシェ ケイマン (初代 987 2006)

ボディタイプはリアゲートが備わる3ドアで、リアエンドには固定式と電動ポップアップ式の2枚のスポイラーが装備されました。スタイリングは、Aピラーから前の部分は基本的にボクスターと共通であったものの、ヘッドランプやバンパーなどに独自の意匠が採用されました。空力特性はボクスターと同等で、Cd値は0.29でした。

ポルシェ ケイマン (初代 987 2006)

ボディサイズは全長4,341mm×全幅1,801mm×全高1,305mmで、ボクスターから全長と全高がわずかに拡大されていました。一方、2,415mmのホイールベースに変更はありませんでした。サスペンション形式は、ボクスターと共通の4輪マクファーソンストラット式を踏襲しながらも強化が図られていました。また、オプションで電子制御可変ダンピングシステムの「PASM」が用意されました。

ポルシェ ケイマン S (初代 987 2006)

ボクスター同様ミッドに搭載されるエンジンは、ボクスター用をベースにボアアップを図った3.4L水平対向6気筒(最高出力295ps/6,250rpm・最大トルク34.7kgm/4,200~6,000rpm)が採用されました。組み合わせられるトランスミッションはボクスターS同様、6速MTまたはマニュアルモード付5速トルコン式AT「ティプトロニック」でした。

エントリーモデルを追加

MT仕様を選んだ場合のパフォーマンスは、最高速度275km/h・0-100km/h加速5.5sでした。また、ブレーキはボクスター同様4輪ベンチレーテッド・ディスク式で、オプションでセラミックブレーキが用意されました。その後2006年にフェイスリフトが実施されると同時に、2.7L水平対向6気筒エンジン(最高出力245ps/6,500rpm・最大トルク27.8gm/4,600~6,000rpm)を搭載するエントリーモデル「ケイマン」が追加されました。

ポルシェ ケイマン S (初代 987 2006)

トランスミッションは、ケイマンS同様6速MTまたは5速ティプトロニックとの組み合わせで、前者は最高速度260km/h・0-100km/h加速6.1sの性能でした。次いで2008年に2度目のフェイスリフトが実施されるとともに、ケイマンのエンジンが2.9Lに拡大されアウトプットが最高出力265ps/7,200rpm・最大トルク30.6kgm/4,400~6,000rpmとなりました。

高性能版「ケイマンR」を追加

ポルシェ ケイマン R (初代 987 2010)

一方、ケイマンSは排気量こそ従来から変更はなかったものの、アウトプットが最高出力320ps/6,250rpm・最大トルク37.7kgm/4,750rpmまで向上しました。また、ATがそれまでのティプトロニックからデュアルクラッチ式の7速PDKに変更されたことも大きなトピックでした。続いて2010年には、ケイマンSをベースにさらなる高性能化を図った「ケイマンR」が追加されました。

ポルシェ ケイマン R (初代 987 2010)

20mmローダウンと55kgの軽量化を図ったボディに、3.4Lエンジンの最高出力を330ps/7,400rpmに高めて搭載するモデルで、PDK仕様は最高速度280km/h・0-100km/h加速4.9sのパフォーマンスを発揮しました。そして2012年にフルモデルチェンジが実施され、現行981c型に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

718ケイマン 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ