三菱 パジェロイオ (1998-2007):パジェロジュニアの後を継ぐコンパクトSUV [H6♯/7♯]

三菱 パジェロイオ 5Dr 2000

三菱 パジェロイオ 5Dr 2000

三菱自動車工業は1998年6月、「パジェロジュニア」の後継モデルとなるコンパクトSUV「パジェロイオ」を発売しました。軽SUV「パジェロミニ」がベースのパジェロジュニアと異なり最初から専用設計が行われた他、ボディサイズやエンジンの排気量が拡大されるなど上級志向が強められたモデルとなりました。

ボディは3ドアと5ドアを用意

ボディタイプはまず3ドアが登場し、追って同年8月にパジェロジュニアには設定のなかった5ドアが追加されました。パジェロシリーズの一員としてのアイコン性が備わったボディのサイズは全長3,675mm(3ドア)/4,025mm(5ドア)×全幅1,680mm×全高1,700mm(3ドア)/1,750(5ドア)mmで、3ドア同士の比較でもパジェロジュニアから一回り拡大されていました。

三菱 パジェロイオ 3Dr 2000

三菱 パジェロイオ 3Dr 2000

ホイールベースもより長い2,280mm(3ドア)/2,450mm(5ドア)に設定された他、車両重量は200kg以上重い1,250~1,350kgとなりました。又、乗車定員は3ドアが4人、5ドアが5人でした。サスペンション形式は、パジェロジュニアと同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:5リンク・コイル式が踏襲されました。

三菱 パジェロイオ 5Dr 2000

三菱 パジェロイオ 5Dr 2000

駆動方式は当初パジェロジュニア同様4WDのみが設定されたものの、そのシステムはパジェロジュニアのパートタイム方式と異なり、三菱独自のフルタイム方式「スーパーセレクト4WD-i」が採用されました。エンジンはパジェロジュニアの1.1L直4に対し、大幅に排気量の大きい1.8L直4DOHC GDI仕様の4G93型(最高出力130ps/最大トルク18.5kgm)が当初搭載されました。

三菱 パジェロイオ 5Dr 2000

三菱 パジェロイオ 5Dr 2000

トランスミッションは当初4速トルコン式ATのみの設定であったものの、同年10月に5速MTが追加されました。発売時のグレード体系は下から「ZX」「ZR」の2タイプの他、5ドアにイタリアのピニンファリーナ社と共同でデザインを行った「ソレント」が設定されました。そして1999年8月、ZRに2WD(FR)モデルが追加されると共にZRの上級グレード「ZR-S」が設定され、ZXは廃止されました。

三菱 パジェロイオのCM

1998 mitsubishi pajero io cm japan (三菱 パジェロイオ)

ターボエンジン搭載車を追加

次いで2000年6月のマイナーチェンジで、エンジンが2L直4DOHC GDI仕様の4G94型(最高出力136ps/最大トルク19.5kgm)に置換されると共に、特別仕様車であった「パールパッケージ」がカタログモデルに昇格しZR-Sは廃止されました。更に翌7月、4G93型ターボエンジン(最高出力160ps/最大トルク22.4kgm)を搭載する5ドアのスポーティグレード「TR」「TRスポーティ・パッケージ」が追加されました。

三菱 パジェロイオ 3Dr 2000

三菱 パジェロイオ 3Dr 2000

次いで2002年9月に、3ドアと2WDモデルが廃止され5ドア・4WD車に一本化されました。一方で、4G93型NAエンジンがSOHC・ECI-MULTIに仕様変更(最高出力116ps/最大トルク16.3kgm)を受けた上で、パールパッケージに搭載されて復活しました。続いて2005年1月の一部改良で装備やボディカラーの見直しが行われると共に、ソレントとTRが廃止されました。

次いで2006年1月のマイナーチェンジで装備の充実が図られると共にグレード体系が一新され、4G93型NAエンジン搭載の「アクティブフィールドエディション1.8」と4G94型エンジン搭載の「アクティブフィールドエディション2.0」の2タイプが基本となりました。そして2007年12月、後継モデルの発売もないまま国内販売が終了になりました。尚、ブラジル向けモデルは2015年まで生産が継続されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

三菱その他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず