ルノー コレオス (初代 2008-):ルノー初のクロスオーバーSUVとして誕生

ルノー コレオス 2008

ルノーは2008年、同社初のクロスオーバーSUVとなる「コレオス」を発売しました。ルノーがデザインを、日産がメカニズムを、韓国のルノー・サムスンが生産を担当する3社共同プロジェクトの元で開発されたモデルで、プラットフォームは日産の「デュアリス」(欧州名キャシュカイ)や「エクストレイル」などと共通でした。

ルノー初のCVTを設定

5ドアボディのスタイリングは、威圧感を抑えた丸みを帯びたフォルムが特徴でした。ボディサイズは全長4,520mm×全幅1,855mm×全高1,695mmで、デュアリスやエクストレイルより一回り大きく、ホイールベースもそれらより長い2,690mmに設定されていました。サスペンション形式は、デュアリスと同一のフロント:ストラット式/リア:マルチリンク式が採用されました。

ルノー コレオス 2008

エンジンは、日産製をベースとした2.5L直4DOHCガソリンNA(最高出力171hp/最大トルク23.1kgm)と、チューニングの異なる2種類の2L直4ディーゼルターボ(最高出力150hp/最大トルク38.8kgm・最高出力173hp/最大トルク38.8kgm)が用意されました。トランスミッションは6速MTの他、ガソリン車にはルノー初のCVT(6速マニュアルモード付き)が設定されました。

ルノー コレオス 2008

駆動方式は、エクストレイル譲りのパートタイム4WD「オールモード4×4-iシステム」採用車が主力で、ガソリン車のみにFFも設定されました。装備面では、急な下り坂でも一定の低速を維持出来る「ヒルダウンコントロール」などが採用されました。日本市場には、2009年5月にガソリンエンジン+CVT搭載のベースグレード及び「プレミアム」「プレミアムグラスルーフ」が初上陸しました。

2度のフェイスリフトを経て現在に

そして翌2010年9月に日本向けモデルにマイナーチェンジが実施され、内外装の一部変更や装備の充実化が図られると共に、ベースグレードに「ダイナミック」のグレード名が与えられました。次いで2011年7月、欧州においてフェイスリフトが実施されフェイズ2に移行すると共に、ディーゼル車に6速トルコン式ATが設定されました。

ルノー コレオス 2008

日本では、翌2012年1月にフェイズ2への切り換えが行われました。主な変更点はフロントマスクやインパネ、シート形状などの内外装デザインで、パワートレインなど基本的な仕様は従来と同一でした。続いて2013年6月、再度のフェイスリフトが施されたフェイズ3モデルが発表され、日本では同年11月に導入が開始されました。

ルノー コレオス 2008

パワートレインなどに変更はなかったものの、新デザインのフロントマスクやアロイホイールなどが与えられた他、予防安全装備の「ブラインドスポットワーニング」やBOSE製サウンドシステムなどが標準装備されました。同時に、グレード体系が「インテンス」のみのモノグレード設定となりました。

SUVを購入検討中なら、こちらもチェック!

RAV4 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
トヨタ 新型RAV4の新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型RAV4の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、R...
C-HR値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
トヨタ 新型C-HRの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型C-HRの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、C...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
トヨタ 新型ライズの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ライズ...
ハスラー値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
スズキ ハスラーの新車購入に必要な情報を完全ガイド。ハスラーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ハスラーの...
ジムニー/シエラ 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
(2020年7月2日更新) スズキ 新型ジムニー/シエラの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型ジムニー/シエ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ルノー
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず