ルノー 19 (ディズヌフ 1988-1995):イタルデザインによるエクステリアを持つ9/11の後継車種

ルノー 19 5-door (ディズヌフ 1988)

ルノーは1988年6月、1981年デビューの4ドアセダン「9」及び1983年デビューの5ドアハッチバック「11」に代わる新型小型乗用車「19(ディズヌフ)」を発表しました。基本メカニズムは9/11譲りで、冒険を避けた手堅い設計が行われた一方、イタルデザインに委託されたエクステリア・デザインは、より洒脱な雰囲気に変貌していました。

まずはハッチバックが登場

ルノー 19 16S 3-door (ディズヌフ 1988)

ボディタイプは、まず2ボックス型の3ドア/5ドアハッチバックが用意されました。スタイリングは直線基調のシャープなボディラインが特徴で、Cピラーまで廻り込んだリアウィンドウなど11譲りのディテールも取り入れられていました。ボディサイズは全長4,156mm×全幅1,694mm×全高1,412mmで、9/11から若干拡大され、2,540mmのホイールベースも60mm延長されていました。

ルノー 19 16S 3-door (ディズヌフ 1988)

駆動方式は横置きFFを踏襲し、エンジンは当初9/11からキャリオーバーされた1.4L直4OHV(最高出力60hp/最大トルク10.2kgm)及び1.7L直4SOHC(最高出力92hp/最大トルク13.7kgm)に、新開発の1.4L直4SOHC(最高出力80hp/最大トルク10.8kgm)を加えたガソリン3種類と、これも新開発の1.9L直4SOHCディーゼル(最高出力63hp/最大トルク12kgm)が用意されました。

ルノー 19 16S 3-door (ディズヌフ 1988)

トランスミッションは、5速MTと4速トルコン式ATが設定されました。又、サスペンション形式は、9/11同様のフロント:マクファーソンストラット式・リア:トレーリングアーム/トーションバー式が踏襲されました。そして同年秋、リアスポイラーなどが備わる3ドアボディに、1.8L直4DOHC16Vエンジン(最高出力140hp/最大トルク16.4kgm)を搭載するホットハッチ「16S」が追加されました。

1992年にフェイスリフトを実施

ルノー 19 Cabrio (ディズヌフ 1992)

Cd値0.3の優れた空力特性と相まって、5速MTを介しての最高速度は214km/hに達しました。次いで翌1989年、全長を4,248mmに延長した4ドアセダン「19シャマード」がラインナップに加えられました。続いて1992年にフェイスリフトが実施され、フロント廻りとリア廻りの意匠が変更されました。同時に、3ドアハッチバックをベースとした「カブリオレ」が追加されました。

ルノー 19 Chamade(ディズヌフ 1992)

そして1995年、後継モデル「メガーヌ」にバトンタッチして生産終了となりました。日本市場においては、1991年1月にガソリン1.7Lエンジン+4速AT搭載の「TXE4ドア」及び「TXE5ドア」が上陸しました。エンジンは、最高出力90ps/最大トルク14.1kgmのスペックを持つ電子燃料噴射仕様が採用されました。

装備としては、エクステリア面では13インチアルミホイールやリモコンドアミラーが、インテリア面ではマニュアルエアコンやカセット付きFM/AMステレオ、ワイヤレスセンターロックなどが標準装備されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ルノー
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ