ルノー 20 (ヴァン 1975-1984):フラッグシップモデル30の廉価版として誕生

ルノー 20L (ヴァン 1975)

ルノーは1975年11月、前年に発表したフラッグシップモデル「30」の廉価版となる「20」(ヴァン)を発売しました。30と基本的に共通のプラットフォームやボディに、それよりも排気量の小さいエンジンを搭載したモデルで、1965年にデビューした「16」の後継車種として位置付けられました。

ヘッドランプの形状を変更

ルノー 20L,20TL (ヴァン 1975)

ボディタイプは30同様6ライトウィンドウ採用の5ドアハッチバックのみの設定で、エクステリア面ではヘッドランプが丸型4灯式から矩形2灯式に変更されると共に、ボディ側面及びサイドウィンドウのモールが省略された事が相違点でした。ボディサイズは全長4,520mm×全幅1,726mm×全高1,435mmで、実質的に30と同等でした。

ルノー 20TL (ヴァン 1975)

又、2,671mmのホイールベースも共通となる一方、車両重量は150kg程軽い1,175kgとなっていました。サスペンション形式は、フロント:ダブルウィッシュボーン/コイル式・リア:トレーリングリンク付マクファーソンストラット/コイル式による4輪独立懸架が踏襲され、ステアリングはラック&ピニオン式の形式を受け継ぎながらパワーアシストが外されました。

仕様面はルノー30からダウングレード

ルノー 20L (ヴァン 1975)

駆動方式はFFを踏襲し、エンジンは30が当初2.7L V6SOHCシングルキャブレター仕様(最高出力131hp/最大トルク20.5kgm)を搭載したのに対し、それよりも遥かに排気量の小さい1.6L直4OHVシングルキャブレター仕様(最高出力96hp/最大トルク13.6kgm)が採用されました。トランスミッションは30同様、4速MTと3速トルコン式ATが設定されました。

それぞれ165km/h、157km/hとなる最高速度は、30より20km/h以上低い数値となっていました。その他、ブレーキは30の4輪ディスク式に対しリアがドラム式にダウングレードされ、タイヤは175HR14に代え165SR13が装着されました。グレード体系は、当初下から「L」「TL」「GTL」の3タイプがラインナップされました。

より高出力なエンジンを追加

ルノー 20TX (ヴァン 1982)

その後1977年に、プジョー/ルノー/ボルボ3社共同開発による2L直4SOHCシングルキャブレター仕様エンジン(最高出力110hp/最大トルク17kgm)を搭載し、最高速度170km/hの性能を持つ「TS」が追加されました。次いで1979年には5速MT仕様車と、ルノー単独開発による2.1L直4SOHCディーゼルエンジン(最高出力64hp/最大トルク12.6kgm)搭載車が追加されました。

ルノー 20TX (ヴァン 1982)

続いて翌1980年、2.2L直4SOHCエンジン(最高出力110hp/最大トルク18kgm)を搭載する「TX」が追加されました。車両重量は1,290kgまで増加したものの、5速MTを介しての最高速度は177km/hに達しました。更にこの年、全車のフロント・ディスクブレーキがベンチレーテッド型にアップグレードされました。

そして1983年末に後継モデル「25」がデビューした事に伴い、翌1984年に30と共に生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ルノー
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ