ルノー 8 (ユイット 1962-1972):先進的なメカニズムを採用したドーフィンの後継車種

ルノー 8 (ユイット 1962)

ルノーは1962年6月、1956年にリリースした大衆車「ドーフィン」の実質的な後継モデルとなる「8(ユイット)」を発売しました。駆動方式は前年にリリースした「4」で採用したFFではなく、ドーフィン同様のRRが踏襲された一方、5ベアリングエンジンや当時はまだ少数派だった4輪ディスクブレーキの採用など、クラスを超えた先進的メカニズムが奢られた事が特徴でした。

ボクシーなスタイリング

ルノー 8 (ユイット 1962)

ドーフィン同様4ドアセダンのみが用意されたボディは、曲線基調のドーフィンとは対照的なボクシーなスタイリングに変貌を遂げていました。ボディサイズは全長3,950mm×全幅1,450mm×全高1,405mmで、全長はドーフィンと同一となる一方、全幅は70mm、全高は35mm縮小されました。ホイールベースは同一の2,270mmで、車両重量は90kg増加し720kgとなっていました。

リアに搭載されるエンジンは、ドーフィンの845cc水冷直4OHVをベースに排気量を956ccまで拡大し、前述した5ベアリング化などの改良を施した新ユニットが搭載されました。最高出力は48hpで、ドーフィン標準モデル用ユニットから17hpの向上を果たしていました。組み合わせられるトランスミッションは4速MTで、最高速度125km/hの性能でした。

サスペンション形式は、フロントはダブルウィッシュボーン式を踏襲しながらも、スプリングがトーションバーからコイルに変更されました。一方リアは、スイングアクスル/コイル式からセミトレーリングアーム/トーションバー式に一新されました。そして1964年、1,108cc直4OHVエンジン(最高出力50hp)を搭載する上級グレード「マジョール」が追加されました。

高性能版の「ゴルディーニ」を追加

ルノー 8 Gordini (ユイット 1964)

同時に、標準グレード/マジョール共に「フェルレック」と呼ばれる電磁クラッチ仕様が設定されました。次いで1965年、大型ヘッドランプや丸型5眼式メーターなど専用の内外装備わるボディに、マジョール用エンジンの最高出力を95hpまで高めて搭載、最高速度171km/hの性能を実現したスポーティモデル「ゴルディーニ」が追加されました。

ルノー 8 Gordini (ユイット 1964)

ルノー 8 Gordini (ユイット 1964)

更にこの年、8マジョールが廃止され、代わってボディを大型化した上級車種「10マジョール」がリリースされました。次いで1967年、ゴルディーニをベースにドライビングランプを追加し、1,255ccまで拡大したエンジンに5速MTを組み合わせて搭載する「ゴルディーニ1300」が発表されました。最高出力は103psまで高められ、最高速度は174km/hに達しました。

ルノー 8S (ユイット 1969)

続いて翌1968年、標準モデルのエンジンが1,108cc(最高出力46hp)に置換されると共に、マジョールのグレード名が与えられました。更に1969年には、ゴルディーニと同様の内外装を持つボディに、チューニングを施した1,108ccエンジン(最高出力60hp)を搭載する「S」が追加されました。そして1970年にFF方式採用の後継モデル「12」がデビューした事を受け、1972年までに全モデルが生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ルノー 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ