ルノー 10 (ディズ 1965-1971):8のボディを拡大した上級モデルとして登場

ルノー 10 (ディズ 1965)

ルノーは1965年秋、大衆車「8(ユイット)」をベースとした上級車種「10(ディス)」を発売しました。プラットフォームやRRの駆動方式をはじめ、5ベアリング式のエンジンや4輪ディスクブレーキなどの基本メカニズムが8からキャリオーバーされました。一方で、ボディは8用をベース全長が延長されると共に、全幅も拡大されました。

前後のオーバーハングを延長

ルノー 10 (ディズ 1965)

ボディタイプは8同様4ドアセダンで、スタイリングは直線基調のボクシーなフォルムを踏襲しつつ、フロントマスクやバンパー、リア廻りに専用の意匠が採用されました。又、前後のフェンダーにリップが備わる事も10の特徴でした。ボディサイズは全長4,200mm×全幅1,530mm×全高1,410mmで、8からそれぞれ250mm×80mm×5mm拡大されました。

ルノー 10 (ディズ 1965)

一方でホイールベースは同一の2,270mmであった為、前後のオーバーハングが長い独特なプロポーションとなっていました。又、トレッドはフロントが1,260mm、リアが1,230mmで、8からそれぞれ10mmずつ拡大されました。車両重量は795kgで、8の標準グレードから70kg程増加していました。リアに搭載されるエンジンは、8の上級グレード「マジョール」と共通の1.1L直4OHVでした。

8:5:1の圧縮比やソレックス製のシングルキャブレターなど仕様も同一で、最高出力50hp/最大トルク8.6kgmのスペックにも変更はありませんでした。トランスミッションも同様に4速MTが標準となる他、フロントがダブルウィッシュボーン/コイル式、リアがセミトレーリングアーム/トーションバー式のサスペンション形式や、ラック&ピニオン式のステアリング形式も踏襲されました。又、145×380サイズのタイヤも共通でした。グレード体系は「マジョール」のみのモノグレード設定で、8とは異なり「ゴルディーニ」などの高性能版は最後まで用意されませんした。

1968年にフェイスリフトやエンジン置換を実施

ルノー 10 (ディズ 1968)

1968年にフェイスリフトが実施され、ヘッドランプが丸型2灯式から角型2灯式に変更されると共に、ウィンカーランプの位置がヘッドランプの両サイドからヘッドランプ下に変更されました。

ルノー 10 (ディズ 1968)

次いで1970年、エンジンが前年に実質的な後継モデルとして登場したFF車「12」と共通の1.3L直4OHV(最高出力52hp/最大トルク10kgm)に置換されました。4速MTとの組み合わせによる最高速度は、134km/hでした。しかし翌1971年には生産終了となり、6年間というルノー車としては短いキャリアに幕を下ろしました。

その翌年には弟分である8も全車生産終了となり、以後2014年に3代目「トゥインゴ」が登場するまでルノーのRR車はラインナップから消滅する事となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ルノー 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ