日産 パルサー (4代目 1990-1995):スタイリングやエンジンラインナップを刷新 [N14]

日産 パルサー 3Drハッチバック 1990

1978年に「チェリーF-Ⅱ」の後継車種としてデビューした日産自動車のコンパクトカー「パルサー」は、1990年8月に4年ぶり3度目のブルモデルチェンジを受け、4代目N14型に移行しました。スタイリングが従来の直線基調から丸みを帯びたものに一新された他、エンジンがガソリンは全車DOHC化されると共に、高性能ターボエンジンも用意されました。

エンジンは全6種類を用意

ボディタイプは先代同様、3ドアハッチバック/5ドアハッチバック/4ドアセダンの3タイプが用意された一方で、5ドアハッチバックのデザインベースはそれまでの3ドアハッチバックから4ドアセダンに変更されました。ボディサイズは全長3,975mm~4,230mm×全幅1,670~1,690mm×全高1,385~1,400mmで、3ドアハッチバックの全長を除き先代から若干拡大されました。

日産 パルサー セダン 1990

ホイールベースは先代と同一の2,430mmで、サスペンション形式も4輪ストラット式が踏襲されました。駆動方式は先代同様FFとフルタイム4WDが設定されると共に、フルタイム4WDグレードの拡充が図られました。エンジンは、1.3L直4のGA13DS型、1.5L直4のGA15DS型、1.6L直4のGA16DE型、1.8L直4のSR18DE型、2L直4ターボのSR20DET型のガソリン5種類が用意されました。

日産 パルサー 3Drハッチバック 1990

又、先代に引き続き1.7L直4SOHCディーゼルのCD17型も用意されました。最高出力/最大トルクは、それぞれ79ps/10.6kgm、94ps/12.8kgm、110ps/15kgm、140ps/17kgm、230ps/29kgm、55ps/10.6kgmで、トランスミッションは5速MTの他、SR20DET型エンジン搭載車を除き4速トルコン式ATが設定されました。

GTI-R系にはATTESAを採用

日産 パルサー GTI-R 1990-’95

グレード体系は、3ドアハッチバックは下からV1/M1/X1/X1R/GTI/GTI-Rベース仕様/GTI-R、5ドアハッチバックはK1/X1R/GTI、4ドアセダンはV1/M1/K1/J1J/X1R/GTIのラインナップでした。ブレーキは、フロントはV1のみ通常のディスク式でそれ以外にベンチレーテッド・ディスク式が、リアはGTI/GTI-R系がディスク式でそれ以外にドラム式が採用されました。

日産 パルサー セダン 1990

又、GTI-R系のみ4WDシステムにU12型「ブルーバード・SSS」譲りの「ATTESA」が採用された他、エクステリア面では大型リアスポイラーやボンネット上のエアスクープなどにより差別化が図られました。そして特別仕様車として、1991年5月にM1/X1Rがベースの「コレクション」が、1992年5月にM1がベースの「セレクト」が設定されました。

日産 パルサー セダン 1990

次いで1992年8月のマイナーチェンジでエクステリアが小変更された後、特別仕様車として1993年1月にM1がベースの「60thアニバーサリー」が、1994年1月に同じくM1がベースの「SV」が設定されました。そして1995年1月にフルモデルチェンジが実施され、5代目N15型に移行しました。

日産車の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

パルサー 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ