日産 インフィニティQ45 (初代 1989-1997):キャッチコピーは「ジャパン・オリジナル」[G50]

日産 インフィニティQ45 1989

日産 インフィニティQ45 1989

日産自動車は1989年、北米の高級車市場に参入すべく新ブランド「インフィニティ」を立ち上げ、その第一弾となるプレミアムセダン「Q45」をリリース、日本国内においても同年11月に販売が開始されました。油圧アクティブサスペンションや4輪操舵システム(輸出仕様のみ)が設定されるなど、日産の技術の粋を集めたモデルでした。

280psのV8エンジンを搭載

6ライトウィンドウのボディは、当初グリルレスのフロントマスクを採用した個性的なスタイリングを備えていました。ボディサイズは全長5,090mm×全幅1,825mm×全高1,425~1,435mmで、前年デビューした国内市場専用プレミアムセダン「セドリック・シーマ」よりも一回り大きく、ホイールベースも100mm以上長い2,875mmに設定されていました。

日産 インフィニティQ45 1989

日産 インフィニティQ45 1989

サスペンション形式はR32型「スカイライン」などと同様の4輪マルチリンク式で、駆動方式はFRが採用されました。エンジンは4.5L V8DOHCのVH45DE型を採用、国内仕様の最高出力は通産省(当時)の規制に準じた280psで、最大トルクは40.8kgmでした。一方、輸出仕様は最高出力282ps/最大トルク40.4kgmのスペックで、最高速度246km/h・0-60mph加速6.7sの動力性能でした。

日産 インフィニティQ45 1989

日産 インフィニティQ45 1989

トランスミッションは、全車に4速トルコン式ATが組み合わせられました。当初のグレード体系はベースグレードの他、「油圧アクティブサスペンション装着車」及び本革シートが装備される「油圧アクティブサスペンション装着車セレクションパッケージ」が設定されました。安全装備面では、全車に運転席SRSエアバッグシステムとABSが採用されました。

日産 インフィニティQ45 1989

日産 インフィニティQ45 1989

快適装備としては全車にサンルーフ、運転席パワーシート、クルーズコントロールなどが備わる他、オプションで漆塗りのインパネ「KOKONインスト」が設定されました。そして翌1990年10月に一部改良が実施され、全車にサイドインパクトビームやハイマウントストップランプが装備されると共に、トラクションコントロールがオプション設定されました。

日産 インフィニティQ45 1989

日産 インフィニティQ45 1989

日産 インフィニティQ45のCM(1989)

【CM 1989】NISSAN INFINITI Q45 60秒×2

日産 インフィニティQ45(G50)取扱説明ビデオ

1989年 日産 インフィニティQ45(G50)取扱説明ビデオ

新車情報’90 日産インフィニティQ45

新車情報'90 日産インフィニティQ45

M/Cでフロントマスクを一新

日産 インフィニティQ45 1993

同時にコイルサスペンション仕様の上級グレードとして、本革シート採用の「Lパッケージ」が追加されました。次いで1993年6月にマイナーチェンジが実施され、フェイスリフトによりグリル付のフロントマスクとなった他、リアガーニッシュの色がブラックからグレーに変更されました。

日産 インフィニティQ45 1993

同時にグレード体系が変更され、下から「タイプR」「タイプV」「タイプV Gパッケージ」「タイプV油圧アクティブサスペンション装着車」「タイプV油圧アクティブサスペンション装着車Gパッケージ」のラインナップとなりました。これらの内Gパッケージは後席重視の仕様で、後席パワーシートが装備されました。

日産 インフィニティQ45 1993

そして1996年に輸出仕様車がフルモデルチェンジを受け、同年6月登場の国内専用モデルFY33型「シーマ」の姉妹車種となった2代目モデルに移行、国内向けモデルは1997年9月まで継続生産された後、FY33型シーマに統合される形で生産終了となりました。

日産車の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

日産その他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ