ルノー 5 (サンク 初代 1972-1984):洒脱なコンパクトカーとして誕生しベストセラーに

ルノー 5TL (サンク 初代 1972)

ルノーは1972年1月、新型ハッチバックコンパクトカー「5(サンク)」を発表しました。1961年に発売した「4」をベースとしながら、それよりも遥かに洒脱なボディを纏い、4譲りのトータルバランスの高さと相まって欧州でベストセラーカーの座に着きました。バリエーションも順次拡大され、12年間に渡り生産が続けられるロングセラーカーともなりました。

3ドアボディのみでデビュー

ルノー 5TL (サンク 初代 1972)

ボディタイプは、4枚の乗降用ドアが備わるのが当たり前だった当時のフランス車には珍しく、当初は3ドアハッチバックのみの設定でした。スタイリングは、台形をモチーフとしたモダンかつプレーンなフォルムが特徴で、人気の大きな要因となりました。ボディサイズは全長3,506mm×全幅1,525mm×全高1,400mmで、4よりも短く広く、そして低いディメンションでした。

プラットフォームを4と共有する為、右が2,404mm、左が2,434mmとなるホイールベースもほぼ同一(※但し4は右の方が長い)でした。サスペンション形式も4と同一のフロント:ダブルウィッシュボーン/トーションバー式・リア:トレーリングアーム/トーションバー式で、縦置きFFの駆動方式も踏襲されました。又、ブレーキはフロントにディスク式が採用されました。

当初の搭載エンジン及びグレードは、4譲りの782cc直4OHV(最高出力30hp)を搭載する「L」と、956cc直4OHV(最高出力47hp)を搭載する「TL」の2タイプで、トランスミッションは共に4速MTが組み合わせられました。そして1974年に、1,289cc直4OHVエンジン(最高出力63hp)を搭載する「LS」が追加されました(翌1975年にグレード名を「TS」に変更)。

ホッチハッチや5ドアを追加

ルノー 5 GTL 5-door (サンク 初代 1980)

次いで1976年、エアロバンパーやバケットシート、アルミホイールなど専用の内外装や足回りが備わるボディに、1.4L直4OHVエンジン(最高出力93hp)+5速MTを搭載するホットハッチ「アルピーヌ」が追加されました。又、同じ年にLのエンジンが845cc(最高出力36hp)に置換された他、3速トルコン式ATを搭載する「オートマチック」が追加されました。

ルノー 5 Alpine Turbo (サンク 初代 1982)

続いて1979年に5ドアが追加され、翌1980年にはTLのエンジンが1,108cc(最高出力44hp)に置換されました。更に1981年、アルピーヌに代わり、1.4L直4OHVターボエンジン(最高出力110hp)を搭載し、アルミホイールとドアミラーの意匠を変更した「アルピーヌ・ターボ」が登場しました。そして1984年10月にフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルにバトンタッチされました。

ルノー 5 Alpine Turbo (サンク 初代 1982)

日本市場においては、バンパーを大型化すると共にヘッドランプを角型から丸型に代えた北米仕様がベースの1.3Lモデルが1976年に初上陸しました。その後、右ハンドル仕様車や5ドア車、アルピーヌ/アルピーヌ・ターボも導入されました。

関連:ルノー 5ターボ/2 (1980-1985)

ルノー 5(サンク)ターボ/2 (1980-1985):FF車の後席にエンジンを突っ込んだミッドシップハッチ
FFハッチバックコンパクトカー「ルノー・5(サンク)」の初代モデルは1972年にデビューし、その後バリエーション...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ルノー 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ