ポルシェ 911 (4代目 993 1993-1998):今なお人気の高い空冷最後の911

ポルシェ 911 カレラ3.6 1993

1964年にデビューしたポルシェのスポーツカー「911」は、基本的なメカニズムやスタイリングのイメージを受け継ぎながらモデルチェンジを繰り返し代を重ね、1993年に発売された「993型」で4代目となりました。3代目「964型」以前のモデルとは外観のイメージがかなり異なる他、リアサスペンションの形式が一新されRR車特有の操縦安定性の癖が軽減された事が特徴でした。

ボディはイメージチェンジと共にワイド&ローに

スタイリングは、全体的なシルエットは初代「901型」以来の雰囲気を残すものの、直立していたヘッドランプが寝かされると共にフロントフェンダーの峰も低くされた為、フロント廻りのイメージが大きく変わりました。ボディのバリエーションは964型同様に「クーペ」「タルガ」「カブリオレ」の3種類が用意され、タルガは従来のデチャッタブルトップから電動スライディンググラストップに変更されました。

ポルシェ 911 カレラ3.6 1993

ボディサイズは、NAモデルが全長4,245mm×全幅1,735mm×全高1,300mm、ターボモデルが全長4,245mm×全幅1,795mm×全高1,285mmで、共に964型よりもワイド&ローなディメンションになると共に、全車が日本における3ナンバー車となりました。ホイールベースは2,272mmで変更はなく、車両重量はやや重くなり1,270kg~1,500kgとなりました。

エンジンは全車で性能が向上

リアに搭載される空冷SOHCフラット6は、「カレラ」と日本仕様を除く「カレラ4」が3.6L NA(最高出力272ps/6,100rpm・最大トルク33.7kgm/5,000rpm)、「カレラRS」と日本仕様「カレラ4」が3.8L NA(最高出力300ps/6,500rpm・最大トルク36.2kgm/5,400rpm)、「ターボ」が3.6Lターボ(最高出力408ps/5,750rpm・最大トルク55.1kgm/4,500rpm)で、何れも964時代から性能向上を果たしました。

ポルシェ 911 カレラ3.6 1993

トランスミッションは全車に6速化されたMTが設定される他、カレラRS以外に4速トルコン式AT「ティプトロニックS」が設定されました。駆動方式は、カレラ及びカレラRSが2WD、カレラ4とターボがフルタイム4WDで、ターボと4WDの組み合わせは初となりました。動力性能は、カレラ・クーペが最高速度267km/h・0-100km/h加速5.3s、ターボが最高速度290km/h・0-100km/h加速4.3sとなるなど、全車964型よりも向上しました。

ポルシェ 911 カレラ3.6 1993

サスペンション形式は、フロントのマクファーソンストラット/コイル式を964型から踏襲する一方、リアはセミトレーリングアーム/コイル式からマルチリンク/コイル式に変更され、操縦安定性と乗り心地が向上しました。そして1996年に、ターボ用のワイドボディやブレーキなどのパーツと3.6L NAエンジンを組み合わせた4WDモデル「カレラ4S」と、ターボを更にハイパフォーマンス化した「ターボS」が発売されました。

ポルシェ 911 カレラ3.6 カブリオレ 1994

カレラ4S用のエンジンは最高出力285ps/6,100rpm・最大トルク34.7kgm/5,250rpmまで高められ、日本でも販売されたものの、日本向けカレラ4に搭載された3.8Lエンジンのパフォーマンスには及びませんでした。一方ターボSに搭載されたエンジンは、最高出力450ps/6,000rpm・最大トルク59.7kgm/4,500rpmのスペックを持ち、最高速度296km/h・0-100km/h加速3.9sの圧倒的な動力性能を発揮しました。

ポルシェ 911 ターボ 3.6 1995

更に翌1997年、ターボ用ワイドボディにカレラ4S用のエンジンを搭載した2WDモデル「カレラS」が発売されました。そして1998年、993型は996型に後を譲り生産終了となりましたが、996型のエンジンがついに水冷化された為、993型は最後の空冷エンジン搭載ポルシェとなりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

911 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず