ルノー 4CV (1946-1961):ルノー戦後初のモデルとして誕生し大ヒットに

ルノー 4CV (1947)

第二次大戦後国営化され、「ルノー公団」となって再スタートを切ったルノーは、1946年に戦後初のニューモデルとして大衆車「4CV」を発売しました。戦前にリリースされた「シュヴァキャトル」に代わるモデルで、その設計は「フォルクスワーゲン・タイプⅠ(ビートル)」の影響を色濃く受けたものとなっていました。商業的に大成功を収め、フランスの国民車的な存在となりました。

軽量設計により十分な性能を確保

ルノー 4CV (1947)

ボディタイプは2ドアセダンであったビートルに対し、実用性重視の思想により4枚のドアが与えられていました。スタイリングは、丸みを帯びたフォルムや張り出した前後のフェンダーなどにビートルの影響が感じられるものの、サイドステップが廃された他リアウィンドウに一枚ガラスを採用するなど、より近代的なディテールを備えていました。

ルノー 4CV (1947)

ボディサイズは全長3,600mm×全幅1,430mm×全高1,480mmで、低められた全高を除きシュヴァキャトルにほぼ等しく、ビートルよりは一回り以上コンパクトでした。ホイールベースはシュヴァキャトルより200mm以上短い2,100mmで、車両重量は200kg軽い560kgに抑えられていました。駆動方式はFRであったシュヴァキャトルとは異なり、ビートル同様のRRが採用されました。

但し、リアに搭載されるエンジンはビートルが空冷水平対向4気筒であったのに対し、水冷直列4気筒OHVが採用されました。排気量は1.1Lのビートルより遥かに小さい760ccで、17hpという最高出力も大きく劣っていたものの、軽量設計の恩恵で3速MTを介しての最高速度はビートルに遜色ない100km/hに達しました。

ルノー 4CVの登場した映画のワンシーン

Classic Cars in Movies – Renault 4CV

4輪独立懸架を採用

サスペンション形式は、フロントはシュヴァキャトルと同一のダブルウィッシュボーン式ながら、スプリングがリーフからコイルに変更され、リアはリジッド・リーフ式からスイングアクスル/コイル式による独立懸架にリファインされました。又、ステアリング形式はラック&ピニオン式で、ブレーキは4輪とも油圧ドラム式が採用されました。

ルノー 4CV (1954)

一方、4人乗りの室内はシュヴァキャトルから居住性が大幅に改善されていました。そして翌1947年、リアシートを廃した商用モデル「コメルシアル」が追加され、1950年にはキャンバスルーフが備わる「デカポタブル」と、エンジンの最高出力を21hpに高めて搭載する豪華グレード「グラン・ルクス」が追加されました。

更に翌1951年、モータースポーツの区分けに考慮しボアが僅かに縮小され、排気量が747ccとなりました。更にこの年、圧縮比アップなどにより最高出力を38hpまで高めて搭載し、最高速度130km/hの性能を持つ「R1063」がリリースされました。次いで1954年、フェイスリフトと同時に「フェルレック」と呼ばれる電磁クラッチ仕様がオプション設定されました。

ルノー 4CV (1954)

そして1956年によりモダンなボディを持つ上級モデル「ドーフィン」がリリースされたものの、4CVはラインナップを縮小した上で後継モデル「3」及び「4」が登場する1961年まで生産が続けられました。又、1953年から日野自動車によるラインセンス生産が開始された為、日本でも馴染みの深いモデルとなりました。

コンパクトカー購入検討中なら、こちらもチェック!

ヤリス値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
ヤリスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ ヤリスの新車購入...
フィット 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
フィットの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新型フィットの...
ノート/e-POWER 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ノート/e-POWERの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど日産ノー...
新型ルーミー/カスタム 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ルーミー/ルーミーカスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどルー...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ライズの新車...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ルノー 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ