ルノー エスパス (5代目 2015-):プラットフォーム刷新と共にコンセプトを一新

シェアする

ルノー エスパス 2015

1984年に欧州初のミニバンとして誕生した「ルノー・エスパス」は、2014年10月のパリ・ショーにおいて11年ぶりにリニューアルされた5代目モデルが披露され、翌2015年に市販が開始されました。先代からプラットフォームが一新されると同時に、基本コンセプトが従来の居住性優先のミニバン路線から、高級感を追及したクロスオーバー路線に変更されました。

エンジンをダウンサイジング

ボディタイプは従来同様8ライトウィンドウの5ドアながら、スタイリングはそれまでのモノボックス型から、流麗かつアグレッシブなフォルムが備わる1.5ボックス型に変貌しました。又、ロングホイールベース仕様の「グランドエスパス」は廃止され、標準仕様「エスパス」に一本化されました。

ルノー エスパス 2015

ボディサイズは全長4,857mm×全幅1,870mm×全高1,680mm、ホイールベースは2,870mmで、全長・全幅及びホイールベースは先代グランドエスパスにほぼ等しく、全高はそれよりも低く設定されました。車両重量は1,609~1,659kgで、先代から大幅に軽量化されました。駆動方式はFFを踏襲し、エンジンはラインナップ刷新と共に大幅にダウンサイジングされました。

ルノー エスパス 2015

用意されるのは、1.6L直4DOHCガソリンターボ(最高出力200ps/最大トルク26.5kgm)と、2種類の1.6L直4DOHCディーゼルターボ(最高出力131ps/最大トルク32.6kgm及び最高出力160ps/最大トルク38.7kgm)で、トランスミッションは6速MTの他、従来の4速トルコン式ATに代わりガソリンには7速の、ディーゼルには6速のDCT「EDC」が設定されました。

又、サスペンション形式はフロントはマクファーソンストラット式を踏襲する一方、リアは独特なトレーリングアーム+パナールロッド式に代わり、オーソドックスなトーションビーム式が採用されました。更に、4輪操舵システムと可変ダンパーを組み合わせた「4コントロール」が設定された事が特徴でした。

安全装備を強化

一方室内は、従来同様2-3-2シート配列の7人乗り仕様となるものの、1/2列目の居住性が重視され、3列目は補助シート的な位置付けとなりました。又、インパネのデザインは先代のセンターメーター方式から、メータークラスターが運転席正面に備わるオーソドックスなレイアウトに変更されると共に、縦型のタッチ式スクリーンが備わる大型コンソールが採用されました。

ルノー エスパス 2015

更に安全装備面では、衝突被害軽減ブレーキや前車追従型クルーズコントロールをはじめ、車両接近警告システムや駐車支援システムが採用されるなど、先代から大幅に強化されました。グレード体系は、下から「ゼン」「インテンス」「イニシャル・パリ」のラインナップで、4コントロールはイニシャル・パリのみに標準装備されます。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK