BMW 1シリーズクーペ/カブリオレ (E82/E88 2007/2008-2013):初代1シリーズの派生モデルとして誕生

BMW 135i Coupe (E82 2008-2012)

BMWは2007年、小型ハッチバックモデル「1シリーズ」(E87/81型)をベースとした2ドアクーペ「1シリーズクーペ」を発売、追って翌2008年にはそのソフトトップカブリオレ版となる「1シリーズカブリオレ」をリリースしました。いずれも、プラットフォームなど基本コンポーネンツの多くはハッチバック譲りであった一方で、よりハイパフォーマンスなモデルが用意されたことが特徴でした。

クーペは3種類のエンジンでスタート

BMW 135i Coupe (E82 2008-2012)

クーペのエクステリアは、往年の小型2ドアセダン「2002」からインスピレーションを得てデザインされたもので、フロントまわりの意匠こそハッチバックと共通ながら、それよりもスタイリッシュな雰囲気にまとめられていました。一方カブリオレは、ベルトラインから下はクーペと共通のデザインを備えていました。

BMW 135i Coupe (E82 2008-2012)

ボディ・サイズは全長4,360mm×全幅1,748mm×全高1,423mm(クーペ)/1,411mm(カブリオレ)で、ハッチバックに対し全長が30mmほど延長されていました。ホイールベースは共通の2,660mmで、サスペンション形式もフロント:ストラット式/リア:5リンク式が踏襲されました。駆動方式はハッチバック同様、FRのみの設定でした。

クーペに当初用意されたエンジンおよびグレードは、3L直6ガソリンツインターボエンジン(最高出力306ps/最大トルク40.8kgm)搭載の「135iクーペ」、2L直6ディーゼルターボエンジン(最高出力177ps/最大トルク35.7kgm)搭載の「120dクーペ」、同ツインターボエンジン(最高出力226ps/最大トルク40.8kgm)搭載の「123dクーペ」の3タイプでした。

カブリオレはまず5種類のエンジンを用意

BMW 118d Cabrio (E88 2008-2010)

一方カブリレオは、2L直4ガソリンNAエンジン(最高出力143ps/最大トルク19.4kgm)搭載の「118iカブリオレ」、同高出力版エンジン(最高出力170ps/最大トルク21.4kgm)搭載の「120iカブリオレ」、3L直6ガソリンNAエンジン(最高出力218ps/最大トルク27.5kgm)搭載の「125iカブリオレ」、同ツインターボエンジン搭載の「135iカブリオレ」、2L直4ディーゼルターボエンジン搭載の「120dカブリオレ」の5タイプが用意されました。

BMW 118d Cabrio (E88 2008-2010)

トランスミッションは、6速MTと6速トルコン式ATが設定されました。その後、2009年にクーペには「120iクーペ」と「125iクーペ」、および2L直4ディーゼル・ロープレッシャーターボエンジン(最高出力143ps/最大トルク30.6kgm)搭載の「118dクーペ」が、カブリオレには「118dカブリオレ」と「123dカブリオレ」が追加されました。

高性能なMモデルを追加

BMW 1 Series M Coupe (E82 2011)

次いで2010年、クーペのホットバージョンとして、全幅を1,803mmにワイド化したボディに3L直6ガソリンターボエンジンのアウトプットを最高出力340ps/最大トルク45.9kgmまで高めて搭載する「1シリーズMクーペ」が追加されました。追って翌2011年にはクーペ/カブリオレともにフェイスリフトが実施され、エクステリアが一部変更されました。

BMW 1 Series M Coupe (E82 2011)

また、同年ハッチバックがフルモデルチェンジを受け現行F20型に移行したものの、クーペ/カブリオレはそのまま生産が継続されました。そして2013年をもって両モデルともに生産を終了、後継モデルとして翌2014年に「2シリーズクーペ」が、2015年に「2シリーズカブリオレ」がリリースされました。

日本市場における展開は、まず2008年2月に「135iクーペ」(MTおよびAT)が上陸を果たし、翌3月に「120iカブリオレ」(ATのみ)が導入されました。次いで2011年6月にフェイスリフト版に切り替えられるとともに、「120iクーペ」(ATのみ)が追加されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

1シリーズ
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ