フェラーリ 275 (1964-1968):最初からロードカーとして設計されたニューカマー

フェラーリ 275 GTB (1964)

フェラーリは1964年に、それまでの「250」シリーズに代わるニューモデルとして「275」シリーズをリリースしました。従来の同社製ロードモデルはコンペティションモデルをベースに製造されていたのに対し、275では最初からロードカーとして設計され快適性が大幅に向上しました。同時に、排気量の拡大やサスペンション形式の変更などによるパフォーマンス向上も図られました。

2種類のボディを用意

フェラーリ 275 GTS Spider (1964)

車体は鋼管プラットフォームとサブフレームからなる基本構造を踏襲しながら、サスペンションは4輪ダブルウィッシュボーン式による4輪独立懸架に改められました。ボディタイプは、初期においてはフィクスドヘッド・クーペの「GTB」と、カブリオレの「GTS」の2タイプが用意されました。デザインを手掛けたのは、共に「250GTO64」と同様ピニンファリーナでした。

フェラーリ 275 GTB (1964)

両者では全く異なるデザインが採用され、GTBはロングノーズやカバー付のヘッドランプなど250GTO譲りの流麗なフォルムが備わっていたのに対し、GTSでは大きなフロントグリルや直立したヘッドランプなどによる古典的なフォルムを備えていました。又、両モデル共にロードカーが基本となるモデルに相応しく、前後にバンパーが装備されました。

フェラーリ 275 GTB (1964)

ボディサイズは、GTBが全長4,325mm×全幅1,725mm×全高1,245mmで、250GTOよりもショート&ワイドなディメンションとなりました。一方GTSは全長がそれよりも25mm長く、全幅は50mm狭いディメンションでした。ホイールベースは共に250GTOと同一の2,400mmで、車両重量はGTBが250GTOと同一の1,100kg、GTSはそれより260kg重い1,360kgでした。

エンジンはモデルチェンジでDOHC化

フェラーリ 275 GTB (1964)

駆動方式はFRを踏襲しながらも、トランス・アクスル・レイアウトの採用によりハンドリングの改善が図られました。エンジンは、従来から0.3Lアップの3.3L V12SOHCが採用されました。スペックはGTBが最高出力280HP/7,600rpm・最大トルク30kgm/5,000rpm、GTSが最高出力245HP/7,000rpm・最大トルク28kgm/5,000rpmで、共に250GTOよりも控えめな数値になりました。

トランスミッションは、両者共にギアレシオが一新された5速MTが組み合わせられました。その他、ブレーキは4輪ディスク式を踏襲しながら新たにサーボアシストが装備され、ホイールは従来のワイヤースポークタイプに代わり、ディッシュタイプのカンパニョーロ製アロイが採用されました。生産は、GTSが1965年まで、GTBは1967年まで継続されました。

フェラーリ 275 GTB/4 (1966)

そして1967年にモデルチェンジが実施され、ノーズを275GTBから65mm延長すると共にスタイリングをリファインした「275GTB/4」が登場しました。最大のトピックはエンジンがDOHC化された事で、更に圧縮比のアップやキャブレターをウェーバー3連からウェーバー6連に変更するなどのチューンナップが施され、アウトプットは最高出力300HP/8,000rpm・最大トルク30kgm/6,000rpmとなりました。

フェラーリ 275 GTB/4 (1966)

しかし、翌1968年に後継モデルの「365GTB/4」が発表された事に伴い、登場から僅か1年で生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

フェラーリ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ