サーブ ソネットⅠ (1956):同社初のスポーツカーとして誕生するも量産に至らず

サーブ ソネットⅠ 1956

かつてサーブの自動車部門として存在したサーブ・オートモビルは、1956年に同社初の2シーター・スポーツカーとなる「ソネット」を発表しました。レースのホモロゲーションモデルとして開発され、軽量ボディの採用などにより高い走行性能を発揮しました。しかし、その後ホモロゲーションが変更されたため量産化には至らず、生産台数はわずかに留まりました。

FRP製ボディを採用

サーブ ソネットⅠ 1956

シャシーはアルミニウム製のボックス型で、それに架装されるボディは当時まだ珍しかったFRP素材が採用されました。ボディタイプは、最初に製造された個体はオープンボディのロードスターで、ごく丈の低いフロントウィンドウを備えていました。ボディサイズは全長3,490mm×全幅1,422mm×全高826mmで、コンパクトであると同時に極めて低く設定された全高が特徴でした。

サーブ ソネットⅠ 1956

ホイールベースは同世代の大衆車「サーブ・93」よりも200mm以上短い2,210mmで、車両重量はわずか600kgに抑えられていました。駆動方式は93と同様のFFを踏襲しながらも、前後重量配分を最適化するため、エンジンをフロントアクスル後方にオーバーハングして搭載するフロントミッドシップレイアウトが採用されました。

サーブ ソネットⅠのエンジン音

Saab Sonett 1, int. Saab weekend 2009 (Doesburg)

93用のエンジンをチューニングして搭載

エンジンは、93用の水冷2ストローク841cc直列3気筒ソレックス・シングルキャブレター仕様が前後の向きを変えて搭載されました。このユニットは、圧縮比を10:1まで高めるなどのチューンナップにより93を大幅にしのぐ最高出力58hp/最大トルク8.7kgmのアウトプットを発生しました。組み合わせられるトランスミッションは、当初は93同様の3速MTでした。

サーブ ソネットⅠ 1956

絶対的には非力なエンジンであったものの、優れたパワーウエイトレシオや空力特性により最高速度は160km/hに達しました。また、ブレーキは93と同様4輪ともドラム式で、タイヤも共通の5.00-15サイズ(前後とも)が装着されました。一方、インパネは丸型5眼式メーターが備わるスポーツカー然とした意匠が採用された一方、シフトレバーはインパネ下部から生える変則的なものとなっていました。

生産はわずか6台で打ち切りに

サーブ ソネットⅠ 1956

その後、ハードトップと4速MTを装備したモデルも製造されました。しかし、当初の計画では1957年中に2,000台が生産される予定であったものの、前述の理由によりかなわず生産はわずか6台で打ち切られました。同社からの新たなスポーツカーのリリースは、10年後に「ソネットⅡ」が登場するまで待たなければなりませんでした。

スポーツカーを購入検討中なら、こちらもチェック!

マツダ ロードスター/RF 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ロードスター/ロードスターRFの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど...
ホンダS660 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
S660の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ S660の新車...
コペン値引き2020年9月-納期/実燃費/価格の評価
ダイハツ コペン セロ/ローブ/XPLAYの値引き/納期/実燃費レポート (2020年9月3日更新) 200...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

その他メーカー 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ