三菱 デリカ (初代 T 1968-1979):コルトトラックがベースのトラック/バンとして登場

三菱 デリカ ピックアップ (初代 1968)

三菱重工業は1968年7月に、「コルトトラック」をベースとした小型商用車「デリカ」を発売しました。まずクラス初の3人乗りを実現したキャブオーバー型トラックが登場し、翌1969年4月にワンボックス型ボディ採用モデルとして6人乗りの「ライトバン」とパネルバン仕様の「ルートバン」、そして9人乗りの乗用モデル「コーチ」が追加されました。追って低床仕様のみだったトラックに高床仕様が設定されました。

駆動方式はFRを採用

三菱 デリカ コーチ (初代 1969)

スタイリングは、丸型2灯式ヘッドランプとベンチレーター開口部が備わる丸みを帯びたフロントマスクが特徴でした。駆動方式は、2年前にデビューしたライバルの「マツダ・ボンゴ」がRRを採用したのに対し、コンベンショナルなFRが採用されました。エンジンは、小型乗用車「コルト1100」に搭載されていた1.1L直4OHVガソリンのKE44型(最高出力58ps)が採用されました。

三菱 デリカ 75 コーチ デラックス (初代 1971)

トランスミッションは4速コラム式MTが組み合わせられ、最高速度115km/hの性能でした。そして1970年に、製造販売会社が三菱重工業から独立した三菱自動車工業に変更されると共に、エンジンの最高出力が62psに向上しました。次いで1971年10月/11月のマイナーチェンジで「デリカ75」となり、フェイスリフトやバン系のテールゲートのデザイン変更が実施されました。

キャンパー仕様モデルを追加

三菱 デリカ 75 ピックアップ デラックス (初代 1971)

同時にエンジンが「ギャランクーペFTO」に搭載されていた1.4L直4OHVの4G41型「ネプチューン」(最高出力86ps/最大トルク11.7kgm)に置換され、最高速度が130km/hに向上しました。又、ライトバンをベースにボディをハイルーフ化し、大人4人+子供1人の宿泊を可能した「キャンピングバン」(乗車定員は6人)が追加されました。

三菱 デリカ 75 ルートバン (初代 1971)

その他、最大積載量がトラックは600kgから750kgに、ライトバン/ルートバンは500kgから600kgに増やされました。次いで1974年11月実施の2度目のマイナーチェンジにより「デリカ1400」シリーズに移行、丸型4灯式ヘッドランプの採用などによりフロントマスクが一新されると共に、三角窓が廃止されました。

三菱 デリカ 1400 コーチ (初代 1974)

続いて1975年12月に、エンジンが昭和51年排出ガス規制適合型(最高出力82ps)に置換されると共に、コーチが廃止されました。次いで1976年11月に、トラックにホイールベースと荷台を延長した1t積みモデルが追加され、翌1977年11月にはボディカラーやリアバンパーの意匠が変更されると共に、エンジンが最高出力78psにデチューンされました。

三菱 デリカ 1400 コーチ (初代 1974)

そして1979年6月にフルモデルチェンジが実施され、2代目L系に移行しました。

三菱 デリカD:5の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

デリカD:5 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ