スズキ カルタス (初代 1983-1988):GMとの共同開発により誕生したコンパクトカー [AA41V/41S/AB41S/51S]

スズキ カルタス 3-door (初代 1983)

スズキは1983年10月、当時業務提携を結んでいたGMとの共同開発によるコンパクトカー「カルタス」を発売しました。スズキの登録車としては、1969年に生産終了となった「フロンテ800」以来14年ぶりのリリースでした。コストダウン優先の設計が行われており、北米市場ではシボレー・ブランドやポンティアック・ブランドで販売され価格の安さにより一定の人気を獲得しました。

軽量ボディが特徴

スズキ カルタス 3-door (初代 1983)

ボディタイプは当初3ドアハッチバックのみの設定で、スタイリングは奇をてらわないプレーンな台形フォルムを備えていました。ボディ・ディメンションは全長3,585mm×全幅1,530~1,545mm×全高1,350mm、ホイールベース2,245mmと軽自動車を一回り大きくした程度のコンパクトなもので、車両重量も620~660kgと軽自動車並みの軽量に抑えられていました。

スズキ カルタス 3-door (初代 1983)

駆動方式は当初はFFのみの設定で(のちにフルタイム4WDを追加)、エンジンはまず1L直3SOHC NAのG10型(最高出力60ps/最大トルク8.5kgm)が搭載されました。トランスミッションは4速または5速のMTのほか、3速トルコン式ATが設定されました。サスペンション形式はフロントがストラット式で、リアは当初リジッド・リーフ式が採用されました。

また、ステアリング形式はラック&ピニオン式で、ブレーキは全車フロント:ディスク式/リア:ドラム式でした。グレード体系は、乗用モデルとして下から「GU」「GA」「GL」「GC」「GS」の5タイプがラインナップされたほか、商用ライトバンの「GAバン」が設定されました。装備面では、GSのみにアルミホイールやデジタルメーター、パワーウィンドウなどが標準装備されました。

5ドア車やターボ車などを追加

スズキ カルタス 1300 GTi (初代 1986)

そして翌1984年に、全長とホイールベースを100mm延長した5ドアハッチバックがラインナップに加わりました。グレード体系は、G10型エンジン搭載のGA/GCのほか、1.3L直4SOHC NAのG13A型エンジン(最高出力75ps/最大トルク11kgm)を搭載するGL/GC/GSが設定されました。

スズキ カルタス 1300 GTi (初代 1986)

それと同時に、3ドアハッチバックにG10型ターボエンジン(最高出力80ps/最大トルク12kgm)+5速MTを搭載する「GLターボ」「GCターボ」が追加されました。次いで1986年にマイナーチェンジが実施され、内外装デザインが刷新されるとともに、リアサスペンションがI.T.L(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)/コイル・リジッド式に変更されました。

スズキ カルタス 5-door (初代 1986)

さらに同じ年に、1.3L直4DOHC16バルブNAエンジン(最高出力:前期型97ps/後期型110ps)+5速MTを搭載する「GTi」が追加されました。そして1988年9月にフルモデルチェンジが実施され、2代目AA44S型に移行しました。なお、カルタスバンはいすゞ自動車にOEM供給され「ジェミネット」の車名で販売されました。

スズキ車を購入検討中なら、こちらもチェック!

スイフト値引き2021年1月-納期/実燃費/価格の評価
スズキ スイフトの値引き/納期/実燃費レポート (2021年1月6日更新) 2000年に初代モデルがデビューした...
ハスラー値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ハスラーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ ハスラーの新車...
新型スペーシア 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
スペーシアの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ 新型スペーシ...
ジムニー/シエラ 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ジムニー/シエラの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ 新型ジ...
アルト値引き2021年1月-納期/実燃費/価格の評価
スズキ アルト/ワークスの値引き/納期/実燃費レポート (2021年1月6日更新) スズキの軽ハッチバック車...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スイフト 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ