スズキ カルタス (2代目 1988-1999):プラットフォームを一新するとともに上級志向に [AA44S]

スズキ カルタス Avail R (2代目 1988)

1983年にスズキとGMによる共同開発モデルとしてリリースされたコンパクトカー「カルタス」は、1988年9月に6年ぶりにして初のフルモデルチェンジを受け、2代目AA44S型に移行しました。先代からプラットフォームが一新されるとともに、コストダウン至上主義を改め上級志向が強められました。また、先代に引き続きGMブランドにより北米市場での販売も行われました。

ボディサイズを拡大

スズキ カルタス 1.3 GTi Full Time 4WD (2代目 1988)

ボディタイプは当初、先代同様3ドア/5ドアハッチバックの2タイプが設定されました。スタイリングは直線基調のプレーンなもので、フロントまわりの意匠はスラントノーズの採用などによりイメージが一新されました。ボディサイズは全長3,710mm(3ドア)/3,810mm(5ドア)×全幅1,575~1,585mm×全高1,350mm(3ドア)/1,380mm(5ドア)で、先代から一回り拡大されました。

スズキ カルタス 1.3 GTi Full Time 4WD (2代目 1988)

また、ホイールベースも20mm延長され2,265mm(3ドア)/2,365mm(5ドア)となりました。駆動方式は先代同様FFとフルタイム4WDが設定され、エンジンは1L直3SOHC (最高出力58ps/最大トルク8kgm)と1.3L直4SOHC (最高出力73ps/最大トルク10.2kgm)、および1.3L直4DOHC(最高出力115ps/最大トルク11.2kgm)の3種類が用意されました。

4輪独立懸架を採用

スズキ カルタス 3-door (2代目 1988)

なお、フロントマスクは1Lモデルと1.3Lモデルで異なる意匠が採用されました。トランスミッションは、先代同様4速/5速MTと3速トルコン式ATが設定されました。また、サスペンション形式はフロントはストラット式が踏襲された一方、リアはI.T.L・リジッド式からストラット独立懸架式に変更されました。

スズキ カルタス 1.3 GTi Full Time 4WD (2代目 1988)

当初のグレード体系は、下から1Lエンジン搭載の「U」「エレニー」「エレニーS」、1.3L SOHCエンジン搭載の「アヴェール」「アメニティ」、同DOHCエンジン搭載の「GT-i」のラインナップでした。そして翌1989年6月、3ボックス型4ドアセダンの「カルタスエスティーム」が追加されました。

グレード体系は、1.3L SOHCエンジン搭載の「XL」「XS」のほか、1.6L直4SOHCエンジン(最高出力100ps/最大トルク13.5kgm)を搭載する「XE」「XG」がラインナップされました。次いで1991年7月のマイナーチェンジで内外装デザインが刷新されると同時に、ハッチバックのU/エレニーSが廃止され、エスティームはグレード体系が「1300」「1500」の2タイプとなりました。

コンバーチブルを追加

スズキ カルタス Convertible (2代目 1988)

続いて1992年2月には、ソフトトップが備わる2シーター・オープンモデル「コンバーチブル」が追加されました。ボディサイズは全長3,745mm×全幅1,590mm×全高1,340mmで、パワートレインは1.3L直4SOHCエンジンと5速MTまたはCVTの組み合わせでした。次いで同年5月にハッチバックのグレード体系が見直され、下から「1000f」「1000g」「1000」「1300f」「1300g」「GT-i」のラインナップとなりました。

スズキ カルタス Convertible (2代目 1988)

その後1994年にコンバーチブルが廃止され、翌1995年1月には上級モデル「カルタスクレセント」が発売されると同時にエスティームが廃止されました。そして残るハッチバックも、1999年をもって生産終了となりました。

スズキ車を購入検討中なら、こちらもチェック!

スイフト値引き2021年1月-納期/実燃費/価格の評価
スズキ スイフトの値引き/納期/実燃費レポート (2021年1月6日更新) 2000年に初代モデルがデビューした...
ハスラー値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ハスラーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ ハスラーの新車...
新型スペーシア 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
スペーシアの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ 新型スペーシ...
ジムニー/シエラ 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ジムニー/シエラの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ 新型ジ...
アルト値引き2021年1月-納期/実燃費/価格の評価
スズキ アルト/ワークスの値引き/納期/実燃費レポート (2021年1月6日更新) スズキの軽ハッチバック車...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スイフト 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ