フォード エスケープ (初代 2000-2006):マツダとの共同開発により誕生したコンパクトSUV

フォード エスケープ (初代 2000)

フォード・モーターは2000年、新型コンパクトSUV「エスケープ」を発売しました。当時傘下に収めていたマツダとの共同開発により誕生したモデルで、マツダからリリースされた「トリビュート」とはプラットフォームや基本メカニズムを共有する姉妹車種の関係にありました。また、欧州や中国では「フォード・マーベリック」の車名で販売されました。

オリジナル設定のボディを採用

フォード エスケープ (初代 2000)

プラットフォームはマツダ製をベースとした「フォードCD2プラットフォーム」で、それに架装されるボディタイプは5ドアのみの設定でした。また、トリビュートに似たエクステリア・デザインを持っていたものの、ボディ外板の大半は別設計となっていました。ボディサイズは全長4,394mm×全幅1,780mm×全高1,702mm、ホイールベースは2,619mmでした。

このディメンションは、全高が若干低い事を除きトリビュートとほぼ同等でした。駆動方式は、オンデマンド型フルタイム4WDとFFが設定されました。エンジンは当初、フォード製の2L 直4(最高出力129ps/最大トルク18.7kgm)および3L V6(最高出力203ps/最大トルク27.6kgm)が用意されました。トランスミッションは前者に5速MTが、後者に4速トルコン式ATが組み合わせられました。

フォード エスケープ (初代 2000)

サスペンションは、トリビュート同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:マルチリンク式による4輪独立懸架式を採用しながら、よりオフロードでの走破性や乗り心地を追求したセッティングが施されました。また、安全装備面では、SRSデュアル&サイドエアバッグシステムやEBD付ABSなどが標準装備されました。

直4エンジンをマツダ製に置換

グレード体系は、当初「XLS」「XLT」の2タイプだったものの、2002年に上級グレード「XLTスポーツ」が追加されました。さらに2003年には、最上級グレード「リミテッド」が追加されるとともに、全車のサスペンションやトランスミッションに改良が加えられました。そしてこの年の最大のトピックは、直4エンジンがマツダ製の2.3L(最高出力155ps/最大トルク21kgm)に置換された事でした。

次いで2004年、2.3L直4エンジン(最高出力135ps/最大トルク17.9kgm)と電気モーターを組み合わせたスプリット式ハイブリッドユニットを搭載するハイブリッド車が追加されました。そして2007年、北米ではフルモデルチェンジが施された2代目モデルに切り替えられました。その一方で、日本を含むアジア地域では初代モデルが継続販売されました。

フォード エスケープ Hybrid (初代 2004)

日本への初上陸は2000年12月で、当初は2Lエンジンおよび3Lエンジン搭載のXLTのモノグレード設定でした。ドライブトレインは全車4WD+ATとなる他、右ハンドル仕様のみが設定されました。次いで2003年11月に改良版に切り替えられると同時に、2Lエンジンが2.3Lエンジンに置換されました。続いて2004年2月、特別仕様車としてリミテッドが設定されました。

フォード エスケープ Limited (初代 2004)

そして翌2005年1月に、リミテッドがカタロググレードに昇格しました。次いで2006年6月、アジア地域向け限定のフェイスリフト版に切り替えられるとともに、3Lエンジン搭載の新グレードXLTスポーツが追加されました。続いて2008年にもフェイスリフトが実施されると同時に、XLTスポーツがカタログ落ちしました。

次いで2009年11月に最後のフェイスリフトが実施されるとともに、リミテッドのエンジンが2.3Lに置換されました。そして2013年9月、日本での販売が終了となりました。

マツダブランドでの兄弟車:トリビュート

マツダ トリビュート (初代 2000-2006):フォードとの共同開発によるクロスオーバーSUV [EP]
マツダは2000年11月に、当時の親会社であったフォードとの共同開発による新型クロスオーバーSUV「トリビュート...

後継モデル:2代目エスケープ

フォード エスケープ (2代目 2007-2012):基本メカニズムを踏襲しつつスタイリングを刷新
初代モデルが2000年にリリースされたフォード・モーターのコンパクトSUV「エスケープ」は、北米向けモデルが20...

SUVを購入検討中なら、こちらもチェック!

RAV4 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
RAV4の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ RAV4の新車...
C-HR値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
C-HRの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ C-HRの新車...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ライズの新車...
ハスラー値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ハスラーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ ハスラーの新車...
ジムニー/シエラ 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ジムニー/シエラの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ 新型ジ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

フォード 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ