ダッジ アべンジャー (初代 1994-2000):三菱車とプラットフォームを共有するクーペ

ダッジ アべンジャー (初代 1994)

クライスラー(現フィアット・クライスラー)は1994年、ダッジ・ブランドより新型スペシャリティ・クーペ「アべンジャー」を発売しました。プラットフォームは、当時提携関係にあった三菱自動車工業の乗用車「ギャラン」やスポーティカー「エクリプス」などと共通の「クライスラー・FJプラットフォーム」が採用され、生産は両社による合弁会社「ダイヤモンド・スター・モーターズ」で行われました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

エンジンは直4とV6の2種類

ダッジ アべンジャー (初代 1994)

ボディタイプは、テールゲートを持たない2+2仕様の2ドアクーペのみのラインナップで、エクリプスと異なりコンバーチブルの設定はありませんでした。エクステリア・デザインは、エクリプスに似た曲線基調のフォルムを備えていました。ボディ・ディメンションは全長4,755mm×全幅1,740mm×全高1,346mm、ホイールベース2,634mmで、エクリプスよりも一回り大きいものでした。

駆動方式はエクリプス同様のFFで、エンジンはクライスラー製の2L直4DOHC(最高出力142ps/最大トルク17.9kgm)が標準となるほか、オプションで三菱製の2.5L V6SOHC(最高出力157ps/最大トルク22.2kgm)が用意されました。組み合わせられるトランスミッションは、前者は5速MTまたは4速トルコン式AT、後者は4速トルコン式ATでした。

ダッジ アべンジャー (初代 1994)

2.5Lエンジンを選んだ場合のパフォーマンスは、最高速度201km/h・0-60mph加速9.3sでした。サスペンション形式は4輪ダブルウィッシュボーン式で、ステアリング形式は可変ギアレシオのラック&ピニオン式が採用されました。また、ブレーキはフロントがベンチレーテッド型、リアがソリッド型の4輪ディスク式が装備されました。

ホール&タイヤは、5.5J×14インチホイール+195/70HR14タイヤの組み合わせが装着されました。グレード体系は標準グレード「ハイライン」と上級グレード「ES」の2タイプで、装備面ではABSやフォグランプがオプション設定されていました。その後、1996年に2.5L V6エンジンのアウトプットが最高出力165ps/最大トルク23.5kgmに向上しました。

「スポーツパッケージ」を追加

次いで1997年にフェイスリフトが実施され、フロントまわりやリアまわりの意匠が変更されるとともに、ホイールサイズが16インチに拡大されました。同時に、専用16インチアルミホイールやリアスポイラーが装備される「スポーツパッケージ」が追加されたほか、ESは17インチホイールやリアスポイラーが選択できるようになりました。

ダッジ アべンジャー (初代 1994)

続いて1999年、新世代のSRSデュアルエアバッグシステムが標準化されました。追って翌2000年には2.5L V6エンジンが標準になると同時に、装備の充実化が図られました。そしてこの年をもって生産を終了、後継モデルの2代目「ダッジ・ストラトス」にバトンが渡されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ダッジ時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ