トヨタ ハイエース (初代 1967-1977):トヨエースの弟分として登場したトラック/ワンボックス [PH10V]

トヨタ ハイエース ワゴン (初代 1967)

トヨタ自動車は1967年2月、トヨエースの弟分となるFR方式の小型商用車「ハイエース」を発売しました。ボディ形状は、セミキャブオーバー型のトヨエースに対しノーズの無いキャブオーバー型が採用された他、ボディ構造がトヨエースのラダーフレーム式からモノコック構造に改められるなど、仕様の近代化が図られていました。

様々なボディを追加

トヨタ ハイエース (初代 1967)

スタイリングも、低い位置に丸形4灯式ヘッドランプが備わるフロントマスクなど、トヨエースよりもモダンな印象を与えるものとなりました。ボディタイプは、当初はシングルキャブ低床1t積み仕様のトラックのみだったものの、同年10月にオールヒンジ式ドアを採用したワンボックス型ボディを持つ9人乗りのワゴンが追加されました。

トヨタ ハイエース トラック (初代 1967)

更に1968年4月、ワンボックス型ボディの助手席側のみに後席用スライドドアが備わるデリバリーバンが追加されました。仕様は、6人乗り500kg積みと3人乗り850kg積みが用意されました。デリバリーバンのボディサイズは全長4,305mm×全幅1,690mm×全高1,885~1,890mmで、ホイールベースはトラックより50mm長い2,350mmでした。

トヨタ ハイエース ワゴン (初代 1967)

エンジンは、トラック/デリバリーバンには3代目コロナに搭載されていた1.3L直4OHVの3P型(最高出力65ps)が搭載され、ワゴンには当初、これもコロナ譲りの1.5L直4OHVの2R型(最高出力70ps)が搭載されました。そして1969年9月に、デリバリーバンをベースにボディとホイールベースを延長した15人乗り仕様が追加されました。

より強力なエンジンを設定

トヨタ ハイエース バン (初代 1967 海外仕向)

同時に、ワゴンをベースにボディを延長すると共にホイールベースを2,650mmに延長した12人乗りのマイクロバス「コミューター」が設定されました。次いで1970年に安全対策を主としたマイナーチェンジが実施され、更に翌1971年2月のマイナーチェンジでは、フェイスリフトと共にワゴン/コミューターのエンジンが1.6L直4OHVの12R型(最高出力83ps)に置換されました。

次いで1971年11月に、コミューターと同一のホイールベースを持つロングバンが追加されました。続いて1972年10月のマイナーチェンジで、フェイスリフトと共に左右に後席用スライドドアが備わる5ドアバンが追加されました。次いで1974年3月に、トラックに高床式モデルとダブルキャブモデルが追加されました。

続いて1975年10月の一部改良で、昭和50年排出ガス規制に適合すると共に1.3L車が廃止され、代わって1.8L直4SOHCの16R型エンジン搭載車が設定されました。同時にワゴンは廃止されました。そして1977年2月にフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルに移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ハイエース 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず