光岡 オロチ (2006-2014):ヤマタノオロチをモチーフにしたファッションスーパーカー [MSP1]

光岡自動車は2006年10月、「ファッションスーパーカー」を謳う新型スポーツクーペ「オロチ(大蛇)」を発売しました。過去2度にわたり東京モーターショーに出展されたコンセプトモデルをベースに市販化に漕ぎ着けたもので、国内自動車メーカー各社のコンポーネンツを流用しながら、性能よりも扱い易さやムードを優先したモデルに仕上げられていました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

個性的なスタイリング

車体構造はスチール製スペースフレームとFRP製ボディの組み合わせで、生産は完全受注方式によりハンドメイドで行われました。ボディタイプはフィクスドヘッドのクーペのみの設定で、エクステリア・デザインはスーパーカーの法則の則ったプロポーションを守りながらも、他のどのモデルにも似ていな強烈な個性が備わっていました。

ボディ・ディメンションは全長4,560mm×全幅2,035mm×全高1,180mm、ホイールベース2,600mmで、車両重量は1,580kgでした。駆動方式はMRで、パワートレインは「レクサス・RX330」用の3.3L V6DOHCエンジン+5速トルコン式ATの組み合わせが採用されました。特にチューンナップは施されておらず、スペックは外観の割に控えめな最高出力233ps/最大トルク33.4kgmとなっていました。

サスペンションは4輪ダブルウィッシュボーン式で、ブレーキは4輪ベンチレーテッド・ディスク式が装備されました。また、タイヤはフロントに245/45ZR18サイズ、リアに285/40ZR18サイズが装着されました。安全装備面では、SRSデュアルエアバッグシステムやABSが採用されました。

一方室内は、ミッドシップレイアウトゆえ2人乗りとなるものの、シート背後に手荷物置き場が設けられとともに、ボディ後部に狭いながらもトランクスペースが設けられるなど実用性にも配慮されていました。また、快適装備面ではフルオートエアコンやHDDナビゲーションシステム、CDプレーヤー付きオーディオシステム、本革巻きステアリングホイールなどが標準装備されました。

光岡 大蛇(オロチ)の解説動画

限定モデルが続々と登場

その後2008年1月に、装飾や装備を簡略化して大幅な価格引き下げを図った20台限定モデル「ゼロ」がリリースされました。追って同年12月には、専用ボディカラーや専用エアロパーツ、ステンレス製の4本出しマフラー、レザーシート&インテリアなどが備わる5台限定モデル「兜」がリリースされました。

大蛇・ヌードトップロードスター(第39回東京モーターショー出品車)

次いで翌2009年12月、アメリカの楽器メーカーであるリッケンバッカー社とコラボレート、専用のウッドパネルやレザーシートなどが備わる5台限定モデル「リッケンバッカー」がリリースされました。さらに2010年6月には、専用エアロパーツやアルカンターラ・シート&ステアリングホイールなどが装備される20台限定モデル「ゴールドプレミアム」がリリースされました。

そして2014年4月、最終生産仕様の5台限定モデル「ファイナルオロチ」のリリースをもて生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

光岡時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ