ホンダ CR-X (EF6/8/9 1987-1992):キャッチコピーは「サイバースポーツ」

ホンダ CR-X 1987

ホンダ CR-X 1987

本田技研工業は1987年9月、1983年にリリースした「バラードスポーツCR-X」の後継車種となる3ドアスポーツクーペ「CR-X」を発売しました。プラットフォームの刷新に伴いハンドリングが改善された他、フラッシュサーフェスボディの採用によりCd値0.3の優れた空力特性を実現した事が特徴でした。

後方視界を改善

スタイリングは先代のイメージが受け継ぎながらも、リアエンドに「エクストラウィンドウ」が設けられた事で後方視界が改善されました。初期型のボディサイズは全長3,755mm×全幅1,675mm×全高1,270mmで、先代より長く広く低いディメンションとなりました。又、ホイールベースは100mm延長され2,300mmとなった他、車両重量も増加し820~880kgとなりました。

ホンダ CR-X 1987

ホンダ CR-X 1987

サスペンション形式は、先代のフロント:ストラット式/リア:コイル・リジッド式から、4輪ダブルウィッシュボーン式に変更されました。駆動方式はFFを踏襲し、エンジンは当初1.5L直4SOHCのD15B型(最高出力105ps/最大トルク13.2kgm)と先代からキャリオーバーされた1.6L直4DOHCのZC型(最高出力130ps/最大トルク14.7kgm)が用意されました。

ホンダ CR-X SiR 1989

ホンダ CR-X SiR 1989

トランスミッションは、それぞれに5速MTと4速トルコン式ATが設定されました。室内は2+2の4人乗り仕様で、インテリアは運転席に向けられたセンターコンソールの採用などによりコクピット感覚で纏められていました。グレード体系は当初、D15B型エンジン搭載の「1.5X」とZC型エンジン搭載の「Si」の2タイプのラインナップでした。

ホンダ CR-X SiR 1989

ホンダ CR-X SiR 1989

ブレーキはフロントは両グレード共にベンチレーテッド・ディスク式を採用、リアは前者にドラム式が、後者にディスク式が採用されました。装備面では、パワーステアリングやパワーウィンドウ、リモコンドアミラー、電動アウタースライドサンルーフ、グラストップなどがオプション設定されました。

ホンダ CR-XのCM

HONDA "CYBER SPORTS" new CR-X 1987

Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ CR-X (1987年)

Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ CR-X (1987年)

高性能グレードを追加

そして1988年8月の一部改良で、ABSがオプション設定されると共にATの仕様向上が図られました。次いで特別仕様車として、1989年2月に「Siエクスクルーシブ」が、翌3月に「1.5X Gスペシャル」が設定されました。更に同年9月、1.6L直4DOHCのB16A型エンジン(最高出力160ps/最大トルク15.5kgm)+5速MTを搭載する「SiR」が追加されました。

ホンダ CR-X SiR 1989

ホンダ CR-X SiR 1989

装備面では、リアスポイラーや大径フロントブレーキ、高性能タイヤの装着などにより差別化が図られていました。続いて1990年2月に特別仕様車「1.5X Gリミテッドエディション」が設定され、追って同年9月のマイナージェンジでフェイスリフトが実施されると共に、全長が25mm延長されました。

ホンダ CR-X SiR 1989

ホンダ CR-X SiR 1989

同時に、B16A型エンジン搭載の最上級グレード「SiR」が追加された他、1.5X Gスペシャルがカタロググレードに昇格しました。又、特別仕様車として「1.5XリミテッドエディションⅡ」が設定されました。追って特別仕様車として、1991年2月に「1.5XスタイルS」が、同年9月に「1.5XスタイルSⅡ」が設定されました。

そして1992年3月、後継車種の「CR-Xデルソル」にバトンタッチして生産終了となりました。