日産 セドリック/グロリア (5/6代目 1979-1983):先代からスタイリングを一新しターボ車を追加 [430]

日産 グロリア 4ドアハードトップ 1979

日産自動車は1979年6月、プレミアムモデル「セドリック」及び「グロリア」を4年ぶりにフルモデルチェンジ、セドリックは通算5代目、グロリアは通算6代目モデルとなりました。先代のデコラティブなスタイリングから一転し、直線基調のプレーンなエクステリアデザインが採用された他、国産車初のターボエンジン搭載車が追加された事が特徴でした。

ワゴンが復活し2ドアHTは廃止に

ボディタイプは、当初4ドアセダンと4ドアハードトップ、そして2世代ぶりに復活した乗用登録の5ドアステーションワゴンがラインナップされ、2ドアハードトップは廃止になりました。ボディサイズは全長4,690~4,825mm×全幅1,690~1,715mm×全高1,410~1,430mmで、上級グレードは全長・全幅が拡大され3ナンバーサイズとなりました。

日産 グロリア 4ドアハードトップ 1979

ホイールベースは先代と同一の2,690mmで、サスペンション形式はフロントはダブルウィッシュボーン式を踏襲、リアはリジッド・リーフ式から5リンク式に変更されました。駆動方式はFRを踏襲し、エンジンは2L直6SOHCキャブレター仕様のL20型、同EGI仕様のL20E型、2.8L直6SOHC EGI仕様のL28E型のガソリン3タイプが主力でした。

日産 セドリック 4ドアハードトップ 1979

最高出力/最大トルクはそれぞれ115ps/16.5kgm、130ps/17.5kgm、145ps/23kgmでした。その他に、2L直4OHVのSD20型及び2.2L直4OHVのSD22型のディーゼル2種類と、タクシー用途向けに2L直4SOHCのZ20P型及び2L直6SOHCのL20P型のLPG仕様2種類が用意されました。トランスミッションは、4速/5速MTと3速トルコン式ATが設定されました。

直6ディーゼル車を追加

そして同年9月にステーションワゴンと同一のボディを持つバンが、更に翌10月にはL20E型エンジンにターボチャージャーを装備したL20ET型エンジン(最高出力145ps/最大トルク21kgm)搭載車と、国産乗用車初となる直6ディーゼル(2.8L SOHC)のLD28型エンジン(最高出力91ps/最大トルク17.3kgm)搭載車が追加されました。

日産 セドリック セダン 1979

次いで1980年4月、ターボエンジン搭載車に4輪ディスクブレーキが備わる最上級グレード「ターボブロアム」が追加されました。続いて1981年4月のマイナーチェンジにより、内外装の一部変更や装備の充実化、グレード体系の一部見直しなどが行われました。同時にL28E型エンジンに改良が施され、アウトプットが最高出力155ps/最大トルク23.5kmgに向上しました。

日産 セドリック 4ドアハードトップ 1979

次いで1982年6月の一部改良で、4速トルコン式ATの設定やL20系エンジンの改良などが行われると同時に、ディーゼル車が昭和57年排出ガス規制に、バン・ガソリン車が昭和56年排出ガス規制にそれぞれ適合しました。そして1983年6月にフルモデルチェンジが実施され、V6ガソリンエンジンを採用したY30型に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

セドリック/グロリア時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車