日産 セドリック/グロリア (4/5代目 1975-1979):先代のコンセプトを受け継ぎながら排出ガス規制に対応 [330]

日産 グロリア 4ドアハードトップ 1975

日産自動車は1975年9月にプレミアムモデル「セドリック」及び「グロリア」を4年ぶりにフルモデルチェンジ、セドリックは通算4代目、グロリアは通算5代目モデルとなりました。先代同様両車種はボディを共用する姉妹モデルで、キープコンセプトにより基本メカニズムを踏襲しながら、強化された排出ガス規制への対応が図られました。

デコラティブなスタイリングに変貌

スタイリングは先代のイメージを受け継ぎながらも、より抑揚の効いたデコラティブなデザインに変貌しました。ボディタイプは4ドアセダン/4ドアハードトップ/2ドアハードトップ/5ドアバンの4タイプで、5ドアステーションワゴンは廃止されました。ボディサイズは全長4,690~4,785mm×全幅1,690mm×全高1,420~1,445mm(バンを除く)で、先代とほぼ同等でした。

日産 グロリア 4ドアハードトップ 1975

ホイールベースは先代と同一の2,690mmで、サスペンション形式もフロント:ダブルウィッシュボーン式/リア:リジッド・リーフ式が踏襲されました。駆動方式もFRを踏襲し、エンジンは昭和50年排出ガス規制に適合した2L直6SOHCのL20型(最高出力115ps/最大トルク16.5kgm)及び2.8L直6SOHCのL28型(最高出力140ps/最大トルク22.5kgm)のガソリン2種類が主力でした。

日産 グロリア セダン 1975

その他に、2L直4OHVディーゼルのSD型とタクシー用途向けのL20型LPG仕様も用意されました。トランスミッションは、ガソリン車には5速フロア式MT又は4速コラム式トルコンATが、ディーゼル車には3速コラム式MTが組み合わせられました。又、ブレーキは廉価グレードを除く全車にフロント・ディスク式が採用されました。

日産 セドリック 2ドアハードトップ 1975

グレード体系は、セダンは2000スタンダード/2000スタンダードディーゼル/2000デラックス/2000カスタムデラックス/2000GL/2000SGL/2800SGL、4ドアハードトップは2000カスタムデラックス/2000GL/2000SGL/2800SGL、2ドアハードトップは2000GL/2000SGL/2800SGL、バンは2000スタンダード/2000デラックスのラインナップでした。

EGIエンジン搭載車を追加

そして同年10月、セダンに「2000デラックスディーゼル」が、セダン/2ドアハードトップ/4ドアハードトップにL20型EGI仕様エンジン(最高出力130ps/最大トルク17kgm)を搭載する「2000GL-E」「2000SGL-E」が追加されました。次いで1976年6月、昭和51年排出ガス規制への対応が図られると共に、4ドアハードトップに角型ヘッドランプなどが備わる「Fタイプ」が追加されました。

日産 セドリック 2ドアハードトップ 1975

続いて1977年6月のマイナーチェンジで、セダンに2.2L直4OHVディーゼルののSD22型エンジン搭載車が、セダン/2ドアハードトップ/4ドアハードトップにL28型EGI仕様エンジン(最高出力145ps/最大トルク23kgm)を搭載する「2800ブロアム」が追加されました。次いで1978年10月、昭和53年排出ガス規制への対応が図られました。

日産 セドリック セダン 1975

同時に、セダン/4ドアハードトップFタイプにL20型EGIエンジン搭載の「2000SGL-Eエクストラ」が追加された他、2800SGLに代わりEGI仕様の「2800SGL-E」が設定されました。そして1979年6月にフルモデルチェンジが実施され、スタイリングを一新した430型に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

セドリック/グロリア 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず