日産 ステージア (初代 1996-2001):スカイライン/ローレルがベースのFRステーションワゴン [WC34]

日産 ステージア 1996

日産 ステージア 1996

日産自動車は1996年9月、走行性能と上質感を追求したプレステージ・ツーリングワゴン「ステージア」を発売しました。R33型「スカイライン」やC34型「ローレル」とプラットフォームを共有する姉妹車種の関係にあり、6気筒ターボエンジン搭載車やフルタイム4WDシステム「アテーサE-TS」採用車なども用意されました。

全車6気筒エンジンを採用

日産 ステージア 1996

日産 ステージア 1996

初期型のボディサイズは全長4,800mm×全幅1,755mm×全高1,490~1,495mmで、ホイールベースはスカイライン/ローレルと共通の2,720mm、車両重量は1,430~1,620kgでした。駆動方式は前述の4WDの他にFRが設定され、サスペンション形式は4WDが4輪マルチリンク式で、FRはフロントにストラット式が採用されました。

日産 ステージア 1996

日産 ステージア 1996

ブレーキは、全車に4輪フベンチレーテッドディスク式が採用されました。エンジンは当初、2L直6SOHC NAのRB20E型(最高出力130ps/最大トルク17.5kgm)、2.5L直6DOHC NAのRB25DE型(最高出力190ps/最大トルク23.5kgm)、2.5L直6DOHCターボのRB25DET型(最高出力235ps/最大トルク28kgm)の3種類が用意されました。トランスミッションは、全車4速トルコン式ATとの組み合わせでした。

日産 ステージアのCM

[車CM]日産 初代ステージアのCM集

1997年のマイナーチェンジで新世代エンジン「NEOストレート6」に

当初のグレード体系は、下から2Lエンジン搭載の「20G」、2.5L NAエンジン搭載の「25G」「25X」「25G FOUR」「25X FOUR」、2.5Lターボエンジン搭載の「RS FOUR」「RS FOUR V」がラインナップされました。そして1997年8月のマイナーチェンジで2L/2.5L NA車のエンジンが新開発された「NEOストレート6」に置換されました。

スペックは、2LはDOHC化され最高出力155ps/最大トルク19kgmとなり、2.5Lも最高出力200ps/最大トルク26kgmへと大幅な向上を果たしました。同時に2.5L NAエンジン搭載の新グレード「25RS」が追加された他、2.5Lターボエンジン車のグレード体系が「25t RS FOUR」「25t RS FOUR V」「25t X FOUR」に変更されました。

「オーテックバージョン260RS」の追加

日産 ステージア オーテックバージョン260RS (1997)

日産 ステージア オーテックバージョン260RS (1997)

更に1997年11月、新グレードとして「20X」及び「20RS FOUR」と、R33型「スカイラインGT-R」と共通の2.6L直6DOHCターボのRB26DETT型エンジン(最高出力280ps/最大トル37.5kgm)を搭載するオーテックジャパン製の特装車「オーテックバージョン260RS」が追加されました。

1998年8月のマイナーチェンジでエクステリアデザインを変更

日産 ステージア 1996

日産 ステージア 1998

次いで1998年8月のマイナーチェンジにより、エクステリアデザインが変更されました。同時に、2.5Lターボ車のエンジンがNEOストレート6(最高出力280ps/最大トルク34kgm)に置換された他、新グレード「25RS FOUR」「25t RS FOUR S」が追加され、25t RS FOURは廃止されました。次いで2000年6月に2Lエンジン搭載の新グレード「20RS」が追加されると共に、25t RS V及び25t RS FOUR Sにカスタマイズベースグレードの「タイプB」が設定されました。

日産 ステージア オーテックバージョン260RS (1998)

そして2001年4月にグレードが20RS/25RS/25RS FOUR/25t RS FOUR Vの4タイプに整理された後、同年10月にフルモデルチェンジを受け、2代目M35型にバトンタッチされました。

後継モデル:2代目ステージア

日産 ステージア (2代目 2001-2007):先代からプラットフォームやパワートレインを一新 [M35]
1996年に初代モデルが発売された日産自動車のプレステージ・ツーリングワゴン「ステージア」は、2001年10月に...

日産車の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

日産その他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず