ホンダ クロスロード (2代目 2007-2010):ストリームがベースの3列シートSUV [RT1-4]

ホンダ クロスロード 2007

ホンダ クロスロード 2007

ホンダは2007年2月に、「CR-V」の一クラス下に位置する新型クロスオーバーSUVとして、通算2代目となる「クロスロード」を発売しました。1993年から1998年にかけて販売された初代モデルが英国製「ランドローバー・ディスカバリー」のOEMであったのに対し、2代目モデルはミニバンの2代目「ストリーム」をベースにした自社設計で、メカニズムやキャラクターも大きく変わっていました。

新車購入ガイド:【2022最新】ヴェゼルの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

スクエアなショートボディが特徴

ボディタイプは5ドアで、スタイリングはスクエアなフォルムと堀の深い造形を特徴とする他、取り回し性を向上させる為フロントコーナー部分を削ったデザインが採用されました。ボディサイズは全長4,285mm×全幅1,755mm×全高1,670mmで、ストリームよりもショート&ワイドなディメンションになっており、初代モデルとの比較においては一回り小さくなりました。

ホンダ クロスロード 2007

ホンダ クロスロード 2007

ホイールベースはストリームより若干短い2,700mmで、車両重量はハイテン材の適用拡大によりこのカテゴリーとしては比較的軽量な1,410~1,530kgとなっていました。サスペンション形式は、ストリームと共通のフロント:マクファーソンストラット式/リア:ダブルウィッシュボーン式で、駆動方式もストリーム同様、FFとオンデマンドタイプのフルタイム4WDが設定されました。

ホンダ クロスロードのCM

クルマのツボ ホンダ クロスロード

エンジンはストリームと共通

エンジンもストリームと同一で、1.8L直4SOHC i-VTECのR18A型(最高出力140ps/最大トルク17.7kgm)と2L直4SOHC i-VTECのR20A型(最高出力150ps/最大トルク19.4kgm)が用意され、トランスミッションは全車5速トルコン式との組み合わせでした。室内は、全長の短いボディながら3列シート7人乗り仕様となる他、多彩なシートアレンジが可能でした。

ホンダ クロスロード 2007

ホンダ クロスロード 2007

又、インパネは立体的な造形と異形4眼メーターの採用が特徴でした。グレード体系は、下から1.8Lエンジン搭載の「18L」「18L Xパッケージ」「18X」、2Lエンジン搭載の「20X」「20Xi」の全5タイプで、4WD車は「18X」「20X」「20Xi」に設定されました。装備面では、4WD車に坂道発進をアシストする「ヒルスタートアシスト機能」が採用されました。

ホンダ クロスロード 2007

ホンダ クロスロード 2007

更に最上級グレード「20Xi」の4WD車には、SRSサイドエアバッグシステムやディスチャージヘッドランプの他、車速/車間制御機能IHCC(インテリジェント・ハイウェイ・クルーズコントロール)や追突軽減ブレーキ(CMBS)が標準装備されました。そして同年8月に、「18L」「18X」「20X」をベースにディスチャージヘッドランプなどを標準装備した特別仕様車「HIDエディション」が発売されました。

ホンダ クロスロード 2007

ホンダ クロスロード 2007

次いで同年12月、「18L」「18X」「20X」をベースにHonda HDDインターナビシステムやディスチャージヘッドランプなどを標準装備した特別仕様車「HDDナビエディション」が発売されました。その後は仕様変更もないまま販売が継続され、2010年8月に生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

クロスロード時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ